蜂蜜の中でも特別な存在といわれる「マヌカハニー」。これは、ニュージーランドに自生する「マヌカ」という樹の花だけから採った蜂蜜で、優れた抗菌作用と抗炎症作用があるといわれています。風邪やインフルエンザ予防、喉のケアなど、さまざまな用途に用いられていますが、マヌカハニー花粉症にもよいといわれているようです。

 日本はちみつ美容協会代表理事のはちみつ姉妹(東出直子さん、東出佳子さん)によると、マヌカハニーを使った花粉症対策としては、「マヌカ点眼」「マヌカうがい」「マヌカ鼻洗浄」といった方法があるのだとか。目のかゆみがサーッと引いていき、喉のイガイガがスッキリするそうですよ。

 また、AEAJ認定アロマテラピー・プロフェッショナル佐々木薫さん監修「スーパーはちみつ マヌカハニー使いこなしBOOK」(主婦の友社刊)によると、マヌカハニーピロリ菌を撃退することから、胃がんリスクも下げてくれるのだそうです。

 マヌカハニーは、以前と比べてずいぶん手に入りやすくなりました。新しい花粉症対策をやってみたい方や、健康を目指している方は、試してみるのもいいかもしれませんね。



(出典 news.nicovideo.jp)