サバ缶ブームのおかげで、メインのおかずが缶詰という日が増えました。いろんな味付けがあるから飽きないし、何といっても手間が掛からないのが嬉しい。平日の夜などは本当にありがたいです。

でも、缶詰博士によると「日本はまだまだ缶詰を使ってない。ヨーロッパの家庭では缶詰を活用して、もっと家事労働を減らしてますよ」とのこと。一体どういうことでしょう?

○美食の国も夕飯はシンプル

ご飯を炊いて、味噌汁を作って、サラダを作って、ハンバーグを焼く。よくある夕飯の献立であります。しかしこれを作るのに、けっこうな時間と手間が掛かっている。

それに対して、先日聞いたフランス人の夕飯は、バゲットを切って缶詰のパテを塗る。カット野菜を盛りつける。チーズソーセージを切って盛りつける。加熱調理は一切なしという、まことシンプルな夕飯であります

夫婦両方が働くのは先進国の常だ。だから、平日の夜にはできるだけ家事労働をしないほうがラクなのだ。そう考えると、日本人はちょっと頑張りすぎてると思う。

スペイングルメ缶詰

ということで、本日は夕飯のメインにもなるスペイン製のグルメ缶詰を用意した。日本では売っていないものだけど、これでヨーロッパシンプルな夕飯を再現してみたい。

塩タラはヨーロッパで広く食べられている保存食で、食べる前に水に浸け、塩抜きしつつ柔らかくする。赤ピーマンに詰めて煮込むのはスペインポルトガルの伝統料理だ。

スローフード

ピーマンの一部に黒い焦げ目がある。これは赤ピーマンを一度直火で焼き、熱いうちに皮をむいた証拠であります。実にていねいな仕事を施されているのであります

ぱかっと開けて手軽に食べられる缶詰なれど、その製造には手間がしっかり掛かっている。その意味では、缶詰はスローフードなのだ。

ピーマンの濃厚な匂い

かくのごとし。皿に盛りつけ、パセリを散らしただけではあるけど、これで立派なディナーであります。煮込んだピーマンの濃厚な匂いが漂い、思わず白ワインを開けたくなる。

○タラは切り身

ピーマンの中には塩タラの切り身が入っていた。ペースト状で入ってると思っていたので、ちょっと意外。

ひと口いただくと、赤ピーマンがとろっとろに柔らかい。舌で簡単に押しつぶせるくらいだ。そして、中に入っている塩タラは逆にしっかりした歯触りがある。その対比がとてもいい。

ピーマンと塩タラのうまみが溶け込んだソースは濃厚、かつ素朴。塩タラだからしょっぱいかと思ったけど、かなり薄味であります

この他にバゲットを切って、カット野菜でサラダでも作れば、それだけでしっかりした夕飯になる(加熱調理なし!)。こんな風にいろんな缶詰を活用して、平日の夕飯をできるだけラクにしたいもんであります
 



(出典 news.nicovideo.jp)