日のおすすめコンビニごはん。

 ローソン串カツ田中ソースカツ丼をご存じでしょうか? 現在、関東・甲信越2000店舗で販売されています。店内調理サービス「まちかど厨房」を実施している店舗が対象。

 串カツ専門店「串カツ田中」の「ソース」を使用したソースカツ丼。価格は税込630です。これは“飲食店応援”の価格設定だそうで、売上の一部が串カツ田中の応援にあてられるそうです。

 ニュースでご存じかと思いますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、飲食店の多くは店舗の休業や時短営業、またはテイクアウト・デリバリー限定での営業を余儀なくされています。串カツ田中もそのひとつ。

 ローソン新型コロナウイルス感染症の影響を受けている日本の“食”の応援する取り組みとして、全国各地の飲食店とのコラボ商品、名産品の発売に向けて動いています。「串カツ田中ソースカツ丼」もそのひとつ。

 この「串カツ田中ソースカツ丼」、味も評判で売れ行き好調だそうですよ。

串カツ田中ソースカツ丼630(税込)

 三元豚ロースを使用した大判のロースカツが1枚半のったソースカツ丼弁当。

 ほんと、大きい! 数えてみたところロースカツが9切れものっています。薄いカツではなく、厚みもしっかりありますよ。

 「まちかど厨房」商品はローソンの店内で調理されています。私が店舗に立ち寄った夕方に、ちょうど新しいまちかど厨房商品が出てきて、できたてものを買えました。ラッキーでしたが、時間が少しずれていたら品切れで買えなかったと考えるとめぐりあわせです。

 ソースからしがついていますよ。なるほど、このソース串カツ田中のもの!

 カツの上からソースをドバっとかけました。

 ほほお~、使用してみてわかったのですが、ソースの量が多いです。

 粘りけ少ないサラサラした質感なので、中濃ソースのようなドロドロした感じを想像していると、思いがけず勢いよく出てきますよ。

 カツを食べてみると……。ん!! 確かに串カツ田中の味なのです。お店で食べた、あの「二度漬け禁止」のソースの味。

 洋食のソースのようなコク深い味わいとちがって、サラサラ。スパイシーで少し辛みもあるのに、食べやすく親しみやすいのはなぜでしょう。隠し味で醤油かおだしを使っているような気がします。

 揚げたて(おそらく)で柔らかのロースカツにソースが絡むと、まさに串カツ田中で食べた「串カツ豚」に近い!

 ソースがサラッとしているので、ボリューミーなロースカツも軽やかに食べられます。あ~、ハイボール飲みたくなってきちゃいました。できればお店のあのメガジョッキで。

 食べる前は、串カツ田中の味はご飯と合うのか疑問でしたが、これまた相性良しでした。ソースをビショビショとかけてご飯に沁み込ませて食べるのがグー。ツンとした酸味ある爽やかソースカツ丼としていただけました。ごちそうさまです!

全国発売がいったん延期に。それくらい人気!

 「串カツ田中ソースカツ丼」は食べ応えもあってオススメ。

 最初は都内の13店舗で販売され(4月30日~)、次に関東・甲信越の約2000店舗で販売をスタート5月30日~)。

 本来は、5月26日から全国の6000店舗で販売される予定でしたが、想定を上回る販売数で材料が確保できないため、全国での販売をいったん延期。あらためて、6月初旬からの全国発売見通しとなりました。

 それくらい人気ということです!

 他とはちょっと違う、串カツ専門店らしいソースカツ丼を味わいたい人はぜひ。関東・甲信越ではすでに発売中です。それ以外の地域の人は6月初旬の発売をお楽しみに!

ローソン「串カツ田中ソースカツ丼」が売行き好調!お店の味が楽しめるぞ


(出典 news.nicovideo.jp)