豚肉は疲労回復の救世主

体がいつもダルい、疲れやすい、疲れがとれない…そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?その原因は、ビタミンB群不足であることが考えられます。

筋肉をはじめとした体の組織を動かすときにエネルギーとなるのは、アデノシン三リン酸(ATP)と呼ばれる物質です。そして、ATPを細胞の中で生み出すシステム「TCAサイクル」の働きに欠かせないのが、ビタミンB群なのです。つまり、ビタミンB群が不足するとエネルギーが体内で必要十分量が作られなくなるため、体をスムーズに動かすことができなくなってしまうのです。当然、疲れもとれにくくなってしまいます。

こういったメカニズムがあるため、リカバリー効果が高いといわれる血流を改善するマッサージや入浴をしたとしても、ビタミンB群不足であれば、その効果は半減してしまいます。有効なのは、ビタミンB群を豊富に含む、豚肉をとること!豚肉には糖質の代謝を促すビタミンB1をはじめとしたビタミンB群がバランスよく含まれた食品です。おすすめは、とんかつです。添えつけのキャベツもたっぷりと。これで、ビタミンB群の代謝をよりスムーズにすることができます。

ビタミンB群を摂取してTCAサイクルを活性化

TCAサイクルが活性化されていないと、3大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)が体のなかで効率的に使えなくなります。ビタミンB群はTCAサイクルの活性化には必須。日頃から肉、野菜をバランスよく食べるようにしましょう。

なんとなく体がダルいのはビタミンB群不足かも!◯◯を食べて疲労回復しよう


(出典 news.nicovideo.jp)