現在、健康に良いと言われている食品は身近な物からなじみのないものまで、たくさんの種類があります。

本日は、とてもなじみ深い「たまご」を紹介します。


たまごは栄養たっぷり!
たまごには、人間の体に必要なたんぱく質ミネラル・脂質・ビタミンなどが含まれており、なかでもたんぱく質が良質であると言われています。

また、腹持ちも良く血糖値が上がりにくいため、朝食にたまごを摂り入れると良いと考えられています。

たまごは生活習慣病予防につながる?
たまごにはコリンという栄養素が含まれていますが、コリンは脂質代謝に効果があると考えられています。

さらに肝機能や血液をサラサラにする効果もあることから、生活習慣病予防の期待が寄せられています。




■カラザにも栄養がたくさん!
たまごに付着している白い塊=カラザ。

実は、カラザには優れた栄養がたくさん含まれていると言われています。

カラザにはカルシウムミネラルビタミンB類・シアル酸などさまざまな栄養が含まれているとされています。

なかでもシアル酸には免疫力を高めたり細胞への感染を防ぐ効果があることから、インフルエンザ予防にも効果があると考えられているそうです!

このことから、カラザは捨てずに摂取することがオススメです。

その他の食品とバランスをとりながら、たまごを摂取して健康維持を心がけましょう。

健康な生活に欠かせない食品?「たまご」


(出典 news.nicovideo.jp)