忙しいときやご飯を作るのが面倒なときでも、さっと作れる永谷園の「お茶づけ」シリーズ。ご飯で食べてももちろんおいしいが、パスタで食べても最高においしかったぞ。

■「鮭と冬野菜のスパゲティー」

鮭と冬野菜のスパゲティー

永谷園の公式サイトでは、各商品のアレンジレシピが掲載されている。今回作るのは、パスタを使った「鮭と冬野菜のスパゲティー」だ。材料は、小松菜長ねぎにんにく、そして永谷園の「さけ茶づけ」。レシピでは1.4mmのスパゲティーとなっているが、今回は自宅にある1.7mmのものを使用する。

鮭と冬野菜のスパゲティー

フライパンオリーブオイルみじん切りにしたニンニクを加熱し、香りが出てきたら5cm幅で切った小松菜、1cm幅で斜めに切った長ねぎを加えて炒める。このとき、野菜のシャキシャキ感を残すため、炒めすぎないよう注意だ。

■仕上げに「さけ茶づけ」

鮭と冬野菜のスパゲティー

そして、塩コショウをさっと振ったら、「さけ茶づけ」を1袋入れてさっと合わせたら完成だ。

鮭と冬野菜のスパゲティー

ニンニクの香りの中に、熱で溶けた「さけ茶づけ」のさけの香りが漂い、非常に食欲をそそる。これはうまそうだ…。


■レパートリーに入れたいレベル

鮭と冬野菜のスパゲティー

気になる味は…これはウマい! 味付けはわずかな塩コショウと「さけ茶づけ」だけなのだが、ダシの旨味が効いているためしっかりと味はついている。鮭の旨味もあるため、ちゃんとした「和風パスタ」だ。海苔の風味もあってまったく隙がない。

正直に言って、料理のレパートリーに入っていてもおかしくないほどのクオリティだ。「さけ茶づけ」が余っているという人はぜひ作ってみてほしい。


■その他のアレンジは…

たまご納豆茶づけ

「鮭と冬野菜のスパゲティー」以外にも、永谷園の公式サイトではさまざまなアレンジレシピがある。たとえば、卵かけご飯と納豆を組み合わせた「たまご納豆茶づけ」は、実食した記者によれば「想像以上のおいしさに思わず『すごい!』と声が出てしまった」ほどとのこと。

旨味がぎっしりと詰まった「お茶づけ」だからこそできるアレンジを楽しんでみてほしい。

永谷園、「さけ茶づけ」で作る和風パスタが最高すぎる 想像以上のウマさ…


(出典 news.nicovideo.jp)