ファイトケミカルとは植物性食品、野菜や果物などに含まれている物質の総称のことで、紫外線や害虫などから自らを守るために作りだしている「色」「香り」「苦み」といった、今まで栄養素とは考えられていなかった成分です。

私たちのカラダは、不規則な生活やストレス紫外線などの影響で発生する「活性酸素」を多く作り出してしまいがち。活性酸素は生活習慣病や老化の原因になるといわれています。ファイトケミカルは活性酸素からカラダを守る抗酸化作用を持ち、カラダの免疫力を高め、病気の予防や老化の防止に役立つのではないかと期待されています。


ファイトケミカルの種類

ファイトケミカルは植物全般(野菜や果物)に含まれ、7種類に分けられます。

1. 赤系
・リコピン→トマトスイカ・柿
・カプサンチン→パプリカ唐辛子

2. 橙系
・プロビタミンAかぼちゃにんじんみかんほうれん草
・ゼアキサンチン→パパイア・マンゴーブロッコリーほうれん草

3. 黄系
・フラボノイド→レモン玉ねぎ
・ルテイン→とうもろこしほうれん草ブロッコリーかぼちゃ

4. 緑系
クロロフィル→モロヘイヤ・ほうれん草ブロッコリー・春菊・緑ピーマン

5. 紫系
・アントシアニン→なす・紫いも・赤しそ・紫キャベツ・黒豆

6. 黒系
・クロロゲン酸→ごぼうじゃがいもバナナ・なす
カテキン→緑茶・柿・ワイン

7. 白系
・イソチオシアネート→キャベツ・大根・ブロッコリー
・硫化アリル→ねぎ・玉ねぎにんにく・ニラ

 これら7色の食材を1日で摂るのは難しいですが、そこにこだわり過ぎずに、さまざまな食材を積極的に摂るようにしましょう。日々の食生活で、たくさんの野菜や果物をバランスよく摂り、健康的に過ごしましょう!


病気予防や老化防止にも期待!「ファイトケミカル」とは


(出典 news.nicovideo.jp)