ビタミンEには老化の原因となる活性酸素をとり除いたり、血液をサラサラにしたりと、私たちのカラダにとってうれしい効果が期待できます。


ビタミンEの働き

活性酸素の除去
ビタミンEは強い抗酸化パワーを持ち、細胞をサビさせる活性酸素を除去する働きがあります。その強い抗酸化作用により、老化防止(アンチエイジング)が期待できます。

血液の流れを良くする
抗酸化作用で血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑制し、血栓をできにくくします。

不妊予防・更年期障害の症状緩和
ホルモンの生成や分泌にかかわり、女性ホルモンの代謝をサポートします。

ビタミンEの摂取目安量

ビタミンEの目安量は、男性(18~49歳)は6.0mg/日、女性(18~29歳)は5.0mg/日・(30~49歳)は5.5mg/日です。

過剰摂取が続いた場合
脂溶性ビタミンであるビタミンEは体内に蓄積されるので上限が決められていますが、食品からの過剰摂取の心配はほとんどありません。サプリメントで大量に補う場合のみ注意が必要です。

不足が続いた場合
ビタミンEが不足すると、血行障害により、肩こり・冷え性になりやすくなったり、ホルモン分泌障害が起こることがあります。


ビタミンEが多く含まれる食材・食事

ビタミンEが多く含まれる食材は以下の通りです。

アボカド(1個 250g) 8.3mg
はまち(生) 4.6mg
うなぎの蒲焼 4.9mg
カボチャ 4.9mg
ピーマン(2個) 4.3mg
アーモンド(10g8粒) 2.9mg
サフラワー油(10g) 2.7mg

※特に記載がない場合は、素材100gあたりの含有量となります。


ビタミンE摂取のポイント

ビタミンEは抗酸化作用が強いビタミンです。同じ作用を持っているビタミンA(β-カロテン)・ビタミンCとあわせて「ビタミンエース(ACE)」と呼ばれ、 一緒にとると相乗効果でさらに抗酸化作用が高まり、免疫力がアップします。


アンチエイジングも期待できる!?ビタミンEの魅力


(出典 news.nicovideo.jp)