食後や、休憩時に飲むイメージのある紅茶ですが、ベストなタイミングは意外にも、運動前や食事中なのだそう!

継続して飲むことで、健康維持やダイエットにも効果的だというから驚きです。


紅茶を飲むことで、食後の血糖値の上昇をゆるやかにしてくれることが期待でき、紅茶に含まれるカテキンは脂肪を燃焼しやすくする効果を持っているそうです。

その他にも、アンチエイジングにも効果的で、特にダージリンティーには美白効果があるそうです。

そして、紅茶に含まれている「紅茶ポリフェノール」には、抗菌作用があるため、虫歯菌や歯周病予防にも効果があるそうです!

外食でしばらく歯を磨けない場合は、紅茶(無糖)を飲むことで歯周病菌を抑えることができるそうなので、食事時には、紅茶がベストな飲み物となりそうですね。

30代以上の日本人3人に2人が歯周病といわれ、歯ぐきが腫れたり、出血したり、最悪な場合は歯が抜けてしまうこともあるのでしっかり歯周病ケアもしていきたいですね!

健康と同じく、失ってから気づく大切さ…歯も健康も定期的な検査で管理していきましょう。


食事には緑茶より紅茶がベスト!?


(出典 news.nicovideo.jp)