簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:




    エシレ バターをたっぷりと使用したお菓子を販売する、「ECHIRE Charrette(エシレ シャレット)」が伊勢丹新宿店とGINZA SIXに期間限定でオープン!



    AOP認定フランス産発酵バターエシレをふんだんに使った、こだわりのパイ菓子


    たっぷりのエシレ バターとフランス産の小麦粉を何層にも折りこんだパイ生地を、じっくり時間をかけて焼き上げたパイ菓子が新登場。

    これは非常に手間のかかるフィユタージュ アンヴェルセという製法で出来上がったパイ菓子で、芳醇なバターの香りが口の中いっぱいに広がります。パイ菓子ならではのサクサクとした食感も同時に楽しめますよ。

    大変手間のかかるフィユタージュ アンヴェルセとは、フランス語で逆折りパイの意味。通常の折りパイ生地は小麦粉でバターを包み込みますが、アンヴェルセ製法はバターで小麦粉を包むという手間と時間がかかり製法なのです。通常の折りパイと比べると、よりサクサクとした食感が楽しめるのだとか。

    フィユタージュ製法のお菓子2種登場


    「ミルフイユ エシレ」が数量限定で登場。こちらは、2回もキャラメリゼしてパリパリに焼きあがったパイ生地に、ラムレーズンが入ったバタークリームをサンドしたもの。


    【ミルフイユ エシレ】
    内容量:1個
    価格:3,800円(税込 4,104円)




    こだわりのフィユタージュ製法で仕上げたパイ生地を手軽に楽しめるお菓子が、「エシレ フィユタージュ サンボリック」(3個入)。真ん中にはエシレのEマークが印象的なパイ菓子です。


    【エシレ フィユタージュサンボリック】
    内容量:3個
    価格:1,250円(税込 1,350円)

    GINZA SIX限定!エシレ ソフトクリーム


    焦がしバターをたっぷりと練り込み、バターの風味が感じられるソフトクリームです。シンプルなバターのソフトクリーム「ブール」、サブレをトッピングした「ブール・サブレ」、キャラメリゼしたアーモンドとラムレーズンの入った「ブール・ラムレザン(ラムレーズン)」の3種類の中から、お好みのものをどうぞ。


    【エシレ ソフトクリーム】 
    ブール 価格:584円(税込 631円)
    ブール・サブレ 価格:630円(税込 681円)
    ブール・ラムレザン 価格:630円(税込 681円)


    ■伊勢丹新宿店 B1 MA PATISSERIE(トレンドスイーツ)
    住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 本館B1F
    期間:2018年5月16日(水)~ 5月29日(火)

    ■GINZA SIX B2
    住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2 
    期間:2018年5月1日(火)~ 6月3日(日)

    <エシレ>ブランド サイト
    http://www.echire.jp/  
     
    エシレバターをふんだんに使ったパイ菓子が期間限定で新宿・銀座に登場【エシレ シャレット】


    (出典 news.nicovideo.jp)




     焼きたてチーズタルト専門店PABLO(パブロ)から、白桃がたっぷりのった季節限定商品「ピーチピクニック」が5月1日より登場する。
     
     同商品は、チーズ生地に白桃のジャムとヨーグルトホイップ、クリームを重ね、甘くてジューシーな国産の白桃を花びらのように敷き詰めたもの。ヨーグルトホイップクリームのやわらかな酸味が、白桃のみずみずしく豊かな香りを引き立たせる。

     PABLOならではの濃厚なチーズタルトと白桃の上品な甘みが一緒に味わえる、初夏にふさわしい涼やかなスイーツ。サイズは直径約15cm、価格は税込2000円。数量限定販売のため、売り切れ前に手に入れてみて。
    パブロ季節限定商品「ピーチピクニック」(税込2000円)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    KLM オランダ航空は7月2日より、関西空港発KL868便でも、好きな時に好みの料理を楽しめる新サービス「Anytime for you-お好きな時に」を開始する。ハンバーガーやサンドイッチ、和風の食事、ヘルシーメニュー、デザートディッシュなど、日本人の嗜好に合わせたメニューの提供を予定している。

    このサービスは2018年7月にアムステルダム=ヨハネスブルグ線で開始、10月にはアムステルダム=バンコク線でも提供が始まった。東京線では2018年3月26日に成田発/アムステルダム行き(KL862便)のワールドビジネスクラスで開始した。食事のチョイスが広がるだけでなく、その時の気分でいつでも注文できるミールサービスの導入により、より自由な機内時間を楽しめるようになった。

    ワールドビジネスクラスでは、離陸前のウェルカムドリンクで、ソフトドリンク、コーヒー、ワインやビールなどのアルコール飲料まで、好きなものを注文できる。ウェルカムドリンクとともに、一口でつまめるアミューズブーシュ(おつまみ)を温かいものと冷たいもの2種類用意する。

    コースでサービスするオーソドックスな食事の他に、離陸直後のクイックミールサービスも用意。サラダ、スープ、デザートなどのチョイスが可能となっている。全ての料理は注文を受けてから美しく盛り付けて提供する。また、コースの食事のほかに、「Anytime for you-お好きな時に」メニューとして、常時5種のチョイスを用意。好きな時に好きなものを組み合わせてパーソナルなメニューで楽しめる。

    到着直前には、長時間のフライトの疲れを癒やしてくれる、爽やかなカラーのグッドバイドリンクを提供する。現在は、爽やかなグリーンでキウイや野菜などを組み合わせたヘルシーでジューシーなドリンクを用意している。

    「Anytime for you-お好きな時に」のメニューは夏期・冬期を合わせて、料理が8種、デザートディッシュが2種となる。現在、成田発のフライトでは日本人の好みに合わせて、和風弁当、とんかつなどをメニューに加えている。

    現在提供中の3路線で1番人気のチーズバーガー、食べ応えのある生ハム入りサラダ、シーザーチキンサラダ、和風のお弁当、照り焼き風味のお豆腐、生麩やお野菜をたっぷり載せた丼物、とんかつなど、8種の料理には全て、フルーツサラダ、チーズケーキなどプチデザートが添えられている。別途、香りの高いバニラソースを添えたチョコレートムース、オレンジクリームのヌガームースなどのデザートディッシュも用意している。メニューは年に1回、夏期スケジュールと冬期スケジュールで変更となる。大阪路線でも、日本人の嗜好に合わせたメニューの提供を予定している。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    ホテルニューオータニ
    ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」
    「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ 抹茶とメロンとチョコレート」

      

    ホテルニューオータニ(東京)では、ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」にて、新しいテーマの「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ 抹茶とメロンとチョコレート」を5月7日(月)~6月30日(土)まで開催します。

    最長約50m!行列のできるビュッフェがテーマを一新。新登場スイーツも続々!
    2018年1月よりいちごの王様「博多あまおう(R)」にフィーチャーし、連日行列ができるほどご好評いただいた「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」の次なるテーマは、「抹茶・メロン・チョコレート」。厳撰された京都宇治の抹茶や北海道産の小豆、沖縄より取り寄せた黒蜜、さらにはこのビュッフェの為に開発されたマカロンまで随所にこだわった逸品たち。「スーパーシリーズ」の産みの親 中島眞介が提案する、“和”と“洋”の枠を超えた抹茶のスイーツや、1ピース1,500円以上のメロン、チョコレートのスーパーシリーズを心ゆくまでご堪能いただけます。
    ◆抹茶:厳撰の“和”素材でを用いた“洋”菓子 edo SWEETS
    江戸幕府ゆかりの地(紀尾井町)であるホテルニューオータニで、和の素材を吟味し、匠の技をたっぷり注いで生まれた「edo SWEETS」からは、京都・宇治の抹茶や、白玉、自家製の黒蜜を用いた「新edo大納言ショートケーキ」、「新edo抹茶ロール」がビュッフェに初登場!
    ◆メロン:1カット1,500円の「スーパーメロンショートケーキ」や新作「メロンフラン」が登場。
    「スーパーシリーズ」の代名詞といえ不動の人気を誇る「スーパーメロンショートケーキ」。定番中の定番となりましたが、その勢いは留まることを知りません。極上マスクメロンの香りと甘さが引き立つ、素材すべてにこだわった味わいは、2005年の発売以来ご好評いただいています。さらに、「フラン」には、今年の新作「メロンフラン」が登場。メロンピューレと豆乳で仕上げたヘルシーなフランで、健康も大切にする女性におすすめの一品です。
    (左)「スーパーメロンショートケーキ」
      
      (右)「メロンフラン」 
    ◆チョコレート:「スーパーチョコレートショートケーキ」
    アーモンドミルクを用いた白の生クリームに包まれた中身には、濃厚なチョコレートスポンジが隠れた、シェフの遊び心ある「スーパーチョコレートショートケーキ」。ビュッフェスイーツとしては、今回の「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」で初登場します。

    ※上記写真はイメージです。ビュッフェでは一口サイズでご用意いたします。

    【スイーツメニュー】目指せ完全制覇!!スイーツは全20種
    ■抹茶シリーズ
    edo大納言ショートケーキ(抹茶)、抹茶ロール、抹茶ヘルシーケーキ、カップケーキ(抹茶)、パンナコッタ葛抹茶ソース、抹茶豆カン、豆乳抹茶アイス
    ■メロンシリーズ
    スーパーメロンショートケーキ、メロンフラン、ピュアメロンゼリー
    ■チョコレートシリーズ
    スーパーチョコレートショートケーキ、オペラ、カップケーキ(チョコレート)、チョコレートアイス
    ■その他
    イチゴショートケーキ、アーモンドクレームブリュレ、ピュアコーヒーゼリー、ラムレーズンアイス、フルーツヨーグルト、フレンチトースト
    以上 20種類

    ■定番から個性派までバラエティに富んだサンドウィッチは全18種
    もう一つの主役、サンドウィッチ。ホテル伝統のローストビーフをはさんだ「ローストビーフ&レタスサンド」、「クラシックポークカツサンド」や「テリヤキバーガー」、更に週末限定の「ステーキサンド」をはじめとした定番メニューが登場するほか、「ハムとチーズの黒ベーグル クミン風」、アヒージョをサンドした個性派サンドウィッチもご用意。さらにパンと和風のだし巻玉子の相性がたまらない「だし巻玉子サンド」やピリリとした辛口の焼きそばの「ソース焼きそばサンド」もラインナップ。一口サイズで見た目も楽しく大満足間違いなし!
    温菜から冷菜まで、人気のエッグベネディクトをはじめ、季節ごとに変わるお食事メニューをご用意。「ココナッツカレー(レッド&イエロー)」や、「冷製豆乳ヘルシーコーンスープ」の他、5種類のドレッシングと楽しめる「健康旬野菜のサラダバー」では、ほどよい酸味がアクセントのオリジナル玄米サラダや、旬の食材の味わいをお楽しみいただけます。

    ■「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ 抹茶とメロンとチョコレート」概要
    期 間:2018年5月7日(月)~6月30日(土)まで ※ビュッフェは年間通して営業
    時 間:11:30~14:00 (土・日・祝日は ~14:30まで)※90分制
    場 所:ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」(東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ガーデンタ ワー ロビィ階)
    料 金:
    ◆平日
    大人 ¥3,800(ビュッフェ、コーヒー または 紅茶付)  お子さま ¥2,200(ビュッフェ)
    ◆土・日・祝日
    大人 ¥4,200(ビュッフェ、コーヒー または 紅茶付)  お子さま ¥2,500(ビュッフェ)
    ※税金・サービス料別 ※お子さまは4~12歳 ※お電話でのご予約は承っておりませんので、ご了承ください。
    お問合せ:03-5226-0246(ガーデンラウンジ 直通)

                  

    配信元企業:株式会社ニュー・オータニ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    ハンバーグといえば合挽きや牛100%が主流だった10年前、岩中豚を100%使った「Hamburg Will」はオープンした。「岩中豚とは、岩手県産の最高級銘柄。臭みがなく柔らかな肉質は、脂とのバランスも絶妙なんです。うちのオーナーが岩中豚の美味しさに惚れ込み、この肉で最高のハンバーグを作りたい!という想いからスタートしました」とは、店長の清原悟さん。

    ■ 挽き方も変えた4種の部位を配合

    これまで類をみなかった“豚肉100%”のハンバーグ。試行錯誤を重ねていきついたのは?

    「まずパティですが、岩中豚の4種の部位を使っています。ジューシーな肩ロース、甘い脂のバラ、旨味の濃いハラミ、もちもち食感のホホを、それぞれのよさが最大限に生きるバランスでブレンド。部位ごとに粗挽きや細挽きと、挽き方も変えています。つなぎには、タマネギのソテーを一般的なパティよりもたっぷりと。隠し味にはヨーグルトやショウガ汁を加えることで、まろやかでジューシに仕上がるんです」(清原さん)

    ■ 大きな鉄板で目の前で焼き上げる

    行列店のレシピの秘密を惜しみなく教えてくれるなんて、なんとも太っ腹! さらに厚みのあるパティは焼き方にもコツがあるという。「2cmの厚手の鉄板で、両面を均一に蒸し焼きにします。表面をこんがり焼いて旨味を閉じ込めたら、オーブンで6分間焼き、中まで火を入れます」(清原さん)

    ふっくら焼き上がったら、レンズ豆を敷いたお皿に乗せ、ソースをたっぷりかけて完成だ。好みで、温泉卵の無料トッピングもできる。「ソースは3種類。仔牛の骨や筋と野菜をじっくり煮込んだデミグラス、さっぱり和風の柚子胡椒、生クリームに少し酸味を効かせたクリームマスタードで、どれも岩中豚に合うように開発しました」(清原さん)

    この店が魅力的なのは、おいしいハンバーグ作りに真摯に向き合うから。でもそれだけではない。取材中、特に印象に残ったのが、「お客さんの期待を常に上回りたい」という清原さんの言葉。ハンバーグ、内装、雰囲気、接客と、全てにおいてスタッフ全員が心がけているという、その想いのこもったキーワードこそが、行列人気を支えているのだと思う。

    「プレーンハンバーグ デミグラスソース」のランチセット1000円。本日のスープと、パンかライスが付く


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ