簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:


     おからとは、豆腐を作る時に出来る大豆の搾りかすのことです。おからには大豆のタンパク質食物繊維など、さまざまな栄養素が含まれており、ダイエット食材としては最適です。おからを料理にとり入れることで、少量で満腹感が得られるようになります。

    おからダイエットの方法


     おからダイエットは、普段の食事におからをとり入れるというダイエット法です。

     作り置きできる卯の花だけでなく、ハンバーグのたねにおからを入れたり、おやつカップケーキおからを混ぜたりと、いろんな形でおからを食べるようにします。

     おからカロリーが低いのにボリューム感があるので、満腹感を感じやすくなります。

     おからは生のままでも、乾燥したパウダーを使用しても構いません。生おからはボリュームが出やすく、乾燥おからはクセがないのでいろんな料理にアレンジできます。必要な分だけ取りだして、残りを冷蔵庫で保存できることも便利です。


    おからダイエットの効果



     おからに含まれる栄養成分にはレシチン・イソフラボン・サポニン・食物繊維などがあります。

    満腹効果
    カロリーであり、食物繊維がお腹のなかで膨らむので、少ない量でも満腹感が得ることができます。

    脂肪の吸収を抑える
    食物繊維はカラダへの脂肪の吸収を抑える働きがあります。また大豆レシチンは、血管に付着したコレステロールを溶かし、血流の流れを良くする効果も期待できます。

    美容効果
    大豆イソフラボンによって肌荒れやシミの改善、美白や保湿効果も期待できます。

     おからは料理だけでなくお菓子などにも活用されている健康食材です。お肉や小麦粉の代用として使うことで、カロリーを抑えつつ満腹感を感じられるので、ダイエット中は積極的に活用していきましょう。

     ただし、カラダに良いと言っても食べ過ぎはNG。100gでカロリーは111kcalあり、脂質も多少含むため、食べ過ぎると脂質を摂り過ぎてしまう可能性があります。小鉢の場合は、小鉢1~2皿程度(おから100g)で抑えましょう。

     ちなみにイソフラボンの上限量は1日75㎎ですが、おからのイソフラボン量は10㎎/100g程度。2皿食べたとしても過剰にはならないので、安心してください。
    ※イソフラボンの摂取過剰は、子宮内膜症や女性ホルモンの乱れを招く可能性があるといわれています。

    ヘルシーで満腹感もアップ!おからを使ったダイエット法


    (出典 news.nicovideo.jp)





    トロリと溶けたチーズは、炭水化物や糖質と一緒に食べると特に、楽しくおいしいものになります。チーズをとろけさせる方法はいくつもありますが、ワッフルメーカーを使うのが一番楽しいです。誰でも今すぐ楽しく使えると思います。

    焼きチーズにあう種類は?

    ワッフルメーカーでは、チーズはとろけつつもカリッとした、イタリア料理のフリコのような食感になったり、ブリーチーズを使った場合は、外の皮が軽く茶色に焦げて洗練された香ばしさが出ます。

    また、心地よいシズル感と、心躍る美味しそうな香りに包まれ、最後には「うまくいった、成功したぞ」と頭の中でつぶやくような、心が落ち着くひとときになります。

    しかし、チーズワッフルはどんなチーズでもうまくいくわけではありません。私は9種類のチーズワッフルにしてみましたが、お察しの通り、水分の少ないものが一番うまくいきました。

    モッツァレラ、オアハカ、フェタのような水分と油分が多いものは失敗しましたが、

    ブリー パニール ハルーミ パルミジャーノ・レッジャー チーズカード

    などは見事に成功しました。

    ブリーのような皮のあるチーズの場合、室温でもしっかりと固いものを選ぶことが大事です(冷蔵庫から取り出した途端に柔らかくとろけるようなブリーではないということです)。

    また、事前にチーズ冷やしておくと、皮はこんがりで中はとろりと溶けつつも、ワッフルメーカーからチーズが溶け出したりしません。

    ブリーチーズ

    ブリーのワッフルチーズは、焼いたブリーと似たような感じですが、ワッフルチーズにはワッフル型のくぼみができて、その中に垂らしたはちみつが溜まるところが大きな違いです。

    パニールやハルーミ

    パニールやハルーミは、少しきしむような食感が楽しいので、好きなだけ焼いても、すべてが溶けてしまわずにカリカリとした面もできます。網などで直火で焼いても同じようになります。このワッフルチーズタコスにぴったりです。

    チーズカード

    チーズカードは少し違います。最初は、モッツァレラと同じように、至るところに油分が出ると思いましたが、油分は最初だけでした。

    溶けるのが一段落すると、溶けた外側がカリッとなり、平たくなって、伸びのあるフリコのようになります。衣をつけずに揚げたチーズカードのような感じです。とてもいいスナックになります。

    パルミジャーノ・レッジャーノ

    パルミジャーノ・レッジャーノは、ワッフルマッシュポテトのコーティングにピッタリですが、パルミジャーノ・レッジャーノの塊をいくつか直接ワッフルメーカーに入れて焼くと、分厚いフリコのようになります。

    長時間ワッフルメーカーで焼けば、それだけカリッとなりますが、真ん中が柔らかくてとろりと伸びる状態も楽しいです。

    ここで紹介したチーズはどれも、中火で温めるのがベストです。チーズを切って、ワッフルメーカーの中に入れ、チーズが溶けてこんがりするまで温めます。

    1分もかからないほど短時間でできることもあるので、目を離さないようにしてください。チーズが溶けたらすぐに食べましょう。できたての熱々を食べるのが一番です。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    ■材料のメインは2品のみ

    それは『鳥大根』。使う材料は鶏肉と大根のみで、調味料は白だし、もしくはめんつゆ。なければ塩か醤油でもいい。分量は鶏肉1キロに大根1本程度でOKだが、これもお好みのバランスで問題ない。

    作り方も簡単で、皮をむいて一口大に切った鶏肉と大根を鍋で1時間煮るだけ。白だしの量は、ボトルに書いてある煮物の文量でいいだろう。使う鶏肉はもも肉でも胸肉でもいい。

    ■子供も食べられる味

    煮あがったら保存容器に入れておけば、ある程度の期間は保存できる。冷凍庫があいていれば、そちらに入れるともっと長持ちするぞ。

    気になる味だが、超オーソドックスな美味しさで、ご飯のおともにもお酒のおつまみにも合う。また、味を薄めに作れば小さな子供でも食べられるはずだ。大人は七味をかけるとまた違った味でウマい。


    ■さまざまなアレンジが可能

    また、この鳥大根はアレンジの幅はものすごく広いのもいいところ。たとえば卵を入れて醤油と砂糖を足して煮れば親子丼にもなる。

    また、そばと合わせれば鳥大根そばにもなるし、何回も食べて飽きてしまった乾麺もまた美味しく食べられるだろう。ほかにもカレー粉を入れれば和風カレーになるし、フライパンの上で細かく砕いて醤油とにんにくと合わせ、パスタを入れれば和風パスタにも早変わり。

    作り方も切って煮るだけなので、これ1つ作っておけばストレスのたまりがちな引きこもり生活でも、ちょっとだけハッピーになれるはずである。

    ■皮も捨てずに調理しよう

    また、これを作るときに鳥皮と大根が余るが、そちらは捨てずに適当に細かく切って置いておこう。

    鳥皮をフライパンで炒め、余分な油を取ってからにんにく少々、醤油と砂糖で味付けすれば…

    ■ぜひこの機会に試してみて

    立派な鳥皮と大根の皮の炒め物が完成。このままおかずにしてもいいし、少し濃いめに作ってご飯と混ぜれば混ぜご飯も作れる。

    無駄なく美味しくストックできる鳥大根、余った調味料の消費にも使えるので、ぜひこの機会に試してみてほしい。

    最強に使える引きこもり料理『鳥大根』が便利すぎる 材料2つでさまざまな味に変化


    (出典 news.nicovideo.jp)




     厚生労働省が推奨している野菜の摂取量は、一日あたり約350gです。野菜不足を解消する手段として、市販の野菜ジュースを飲んでいる人も多いかもしれません。

    はたして野菜ジュースは野菜の代わりになるのでしょうか。ここでは、野菜ジュースの栄養価や効果的な飲み方についてご紹介します。

    野菜ジュースは野菜の代わりになるのか


    スーパーコンビニで見かける野菜ジュースパッケージには「一日分の野菜」「野菜350g分使用」などと書いてあるものが多く、1本飲むだけで野菜不足を解消できるような気がします。

    しかし、結論からいえば「野菜ジュースを飲む=生野菜を食べる」ことにはなりません。なぜなら、製造過程で加熱処理を行うため、熱に弱いビタミンCや酵素が減少するからです。また、搾汁によって絞りかすである食物繊維が取り除かれてしまいます。

    とはいえ「野菜ジュースに栄養はない」と決めつけるのは早計です。野菜には熱に強いビタミンミネラルも豊富に含まれていますし、逆に加熱調理したほうが吸収率のよい成分も存在します。ジュースにすることで野菜の体積が減り、効率的に栄養を摂れるのもメリットです。


    野菜は毎日の食事からしっかり摂取するのが基本ですが、いろいろな種類をバランスよく食べるはなかなか難しいもの。

    野菜ジュースは、野菜の代わりではなく、食事での野菜不足を補うものとして上手に利用するとよいでしょう。

    野菜ジュースの効果的な飲み方

    せっかくなら、より効果的に野菜ジュースを飲みたいものです。タイミングとしては、夜よりも朝の飲用をおすすめします。一日の始まりに飲むことで、腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、便通を促す効果が期待できるでしょう。

    食前に野菜ジュースを飲むことは、メタボ予防にも有効です。食事30分前の野菜ジュースの飲用で、肥満リスクとなる血糖値の急上昇が抑えられることが、一部の研究で明らかになっています。


    飲み過ぎのリスクと注意点



    様々な野菜の栄養素を手軽に補給できるのが、野菜ジュースの魅力です。ただし「過ぎたるは及ばざるがごとし」といわれるように、飲み過ぎはかえって健康によくありません。一日にコップ1~2杯分を目安にしましょう。

    野菜ジュースの中には、飲みやすくするために砂糖や塩分が加えられた製品があるので注意が必要です。糖分や塩分を摂りすぎないよう、砂糖、食塩、甘味料などが添加されていないものを選ぶとよいでしょう。

    また、果物の割合が多くなると、その分糖分が増え・カロリーオーバーになりがちです。メタボ予防やダイエットを意識するのであれば、野菜100%ジュースを選択することをおすすめします。

    健康と美容の秘訣は、いろいろな食材をバランスよく食べることです。普段の食事から、できるだけ野菜を摂取することを心がけ、野菜ジュースはあくまでも補助食品として考えましょう。

    野菜ジュースは野菜の代わりになるの?栄養価とかしこい飲み方


    (出典 news.nicovideo.jp)




    明治の「オリゴスマート」シリーズから、「オリゴスマートマイルドビターチョコレート」が、4月7日より全国で発売されます。

    「オリゴスマートマイルドビターチョコレート」 「フラクトオリゴ糖」とは?

    「オリゴスマート」シリーズは、砂糖の代わりに一部フラクトオリゴ糖を加えています。

    フラクトオリゴ糖は砂糖に近い味わいなのに、控えめな甘さが特長で、ゴボウタマネギトマトなどの野菜や、バナナ、モモなどの果物にも含まれる安全・安心な体にやさしい糖質。難消化性のオリゴ糖で、糖として吸収されずに、腸内細菌によって短鎖脂肪酸に分解される糖質です。

    甘さ控えめ&華やかなカカオの香り

    「オリゴスマートマイルドビターチョコレート」は、生地にカカオ分52%のビターチョコレートを使用することで、甘さ控えめで、華やかなカカオの香りが味わえる仕上がりに。

    また、糖として吸収されないフラクトオリゴ糖を加えているため、糖の取りすぎなどを理由にチョコレートを我慢しているという人にも気にせず楽しめます(※オリゴスマートマイルドビターチョコレートには、砂糖が含まれています)。

    おすすめポイント

    1.砂糖が気になる人も我慢しないで食べられる!

    過剰摂取を推奨しているわけではありません。一般的には1日200kcal程度の間食が適量(厚生労働省)と言われています。おすすめする目安は、1日3~5枚(約84kcal~約141kcal)です。

    2.甘いものが苦手な人にもおすすめ

    3.「ロカボ」糖質だから、糖質のコントロールがしやすい

    「ロカボ」とは、一般社団法人 食・楽・健康協会が提唱する一食あたりの適正糖質(糖質量20~40g)のことです。

    「オリゴスマートマイルドビターチョコレート
    参考小売価格:220円(税抜)
    内容量:65g

    明治

    糖質を手軽にコントロール。「オリゴスマートマイルドビターチョコレート」が登場


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ