簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:


     中華料理は炒め物や揚げ物など高カロリーメニューが多いのが特徴。おいしいのでついつい食べ過ぎてしまいがちです。お酒が入れば箸もすすんで、あっという間にカロリーオーバーなんてことも・・。今回はダイエット中でもおすすめの中華料理おつまみをご紹介します

    ダイエット中におすすめ中華料理おつまみ


    1.海鮮と野菜の炒め物(約150kcal)
     魚介類と野菜をたっぷり使った炒め物は、肉を使った炒め物に比べカロリーは約半分。タコ・イカ・ホタテなどの魚介類に含まれるタウリンが肝臓の働きを良くしてくれるので、お酒のおつまみにもぴったりなメニューです。野菜のあんかけや炒め物でもカロリーはグッと抑えられます。

    2.クラゲの酢の物(約50kcal)
     中華料理でよく使われるクラゲは95%が水分なのでとってもヘルシーな食材です。
    酢の物に一緒に使われるきゅうりもやしなどの食材もカロリーが低く、歯ごたえがあるので満腹感アップにつながり食べ過ぎ防止にもなります。栄養分は少ないですが、口寂しくなった時や食べ始めのおつまみに選ぶと良いでしょう。

    3.バンバンジー(250300kcal)
     棒棒鶏(バンバンジー)は鶏肉を茹でて調理するので、油をたっぷり使うことが多い中華の肉料理の中でヘルシーメニューと言えます。

     鶏肉はカロリーが低い上に良質タンパク質が豊富なのでダイエット中にピッタリ。疲労回復効果があるといわるアミノ酸の一種イミダペプチド(※)やエネルギー代謝をサポートするナイアシンパントテン酸も豊富に含まれています。鶏皮やタレはカロリーが高いので、タレのかけ過ぎに注意して皮を除いて食べるとさらにカロリーを抑えることができるのでおすすめですよ♪


    4.青菜のクリーム煮(約150kcal)
     チンゲン菜はビタミンミネラルが豊富なので、免疫力をアップして風邪などを予防してくれます。また、水分を保持し、便のかさを増やして、排便を促してくれる働きのある不溶性食物繊維が多く含まれるので、便秘解消に役立ちます。



     さらに牛乳は腹持ちがよく、精神を安定させストレスを和らげる働きがあるセロトニンの材料トリプトファンが多く含まれているのでおすすめです。

     仕事でお疲れのときの飲み会にももってこいのメニューです。

     お酒を飲むときはどうしてもカロリーオーバーになりがち。油を控えた蒸し料理や茹で料理などを選んだり、野菜や魚介類を使ったメニューもとり入れたりして中華を楽しみながら、おいしくカラダにもうれしい時間を過ごせると良いですね。


    こってり中華でもこれなら安心!栄養士厳選太りにくいメニュー4選


    (出典 news.nicovideo.jp)



     回転寿司チェーンスシロー」が、9月9日から27日までの期間限定で「うまいネタだけ超厳選 スシロー大九州展」キャンペーンを開催しています。

     福岡に住んでいる者として「これは食べねば、食べないといけない!」と行ってきました。

    「うまいネタだけ超厳選 スシロー大九州展」のネタは?

     「うまいネタだけ超厳選 スシロー大九州展!」のネタは以下の19種類です。


     なんですか、この大ボリュームは……。胃袋の関係で揚げ物までは入りませんでしたが、それ以外はしっかり食べてきましたよ!

    やまや明太子高菜包み(100円

     まずは我が福岡県から出ているやまや明太子高菜包み。

     うん、ビジュアルが強い。「こういう魚がいるのかな?」くらいに見えます。

     明太子の量が多く、口のなかが明太子味でいっぱいになります。シャリが2貫欲しい。

    トロあじ(100円

     佐賀県代表。まさにトロアジといった味(ダジャレではない)。しょうがの香りでは太刀打ちできないトロさが舌に襲いかかってきます。

    有明極上海苔のあじなめろう150円)

     有明海苔で作るアジのなめろうです。

     まさか自分で作るタイプだとは思ってもいませんでした。これはこれで作る楽しさがあり面白いです。

     柔らかな味で、「スシローのなめろうはこういう味噌の味なんだな」と楽しませてくれます。

    剣先いか(150円)

     長崎県代表のイカです。しっかりとした身とイカの甘さが良い。

    白鉄火(150円)

     「白鉄火とは?」と思いつつ食べました。コリコリと肉厚な白身(たぶんヒラマサ)に、青じそとゴマの香りが良く合います。

     レギュラーメニューにして欲しい。

    天然真はた食べ比べ(生・炙り) (300円)

     真はたの炙りです。

     生を食べてみると驚きの柔らかさ。そして身の甘さよ。白身の王者がここにいます。

     炙りは生と比べて少し固め。そしてネギとゴマの香りがあとからやってきます。個人的には生の方が好き。

    馬刺しのにぎり(300円)

     熊本県と言えば馬刺し。というわけで馬刺しのにぎり。さすがの300円皿。

     生姜の香りとともに生肉! 馬刺しの味が! うまい!

     安い馬刺しにあるような筋張ったところもなく、食べやすい赤身が寿司になっています。これ300円はアリです。

    とり天自家製タルタル100円

     大分県代表。中津唐揚げは胃袋の空き容量の関係で食べられませんでした。

     大分名物の肉厚なとり天の上にタルタルがのっています。シャリと一緒に食べるととり天定食を食べてる気分になれます。これは完全に“ご飯”です。

    えびレタス巻(150円)

     宮崎県代表。手巻き寿司でよく食べるタイプですが、エビの身が厚く食べごたえがあります。

     エビメインなのでエビ好きにおすすめ。

    活〆ひらまさ(150円)

     鹿児島県代表。きびなごの天ぷらは……以下略

     歯応えコリコリぷりぷりで、大きさも十分。ひらまさ好きは満足できる一皿。

    うなぎ300円)

     同じく鹿児島から。大切りのうなぎが一切れドン!

     しっかりタレづけして焼かれているため、うなぎのほんのり香ばしい匂いが口の中にぬけて美味しいです。

    天然いさきの炙り(150円)

     ここからは九州勢です。ひとつにまとめられてしまったー。

     天然いさきの炙りはもう見た目からやばいです。醤油も滑り落ちていきます。

     口に入れた瞬間から感じるトロっぷりと、しっかりとした歯応えの両立。これができるのがイサキです。

    生本まぐろ2貫盛り(300円)

     生本まぐろです。赤身と中トロセット

     赤身は柔らかく、ほぐれていくようです。さすが生。

     中トロはトロの旨味はそこそこに、生とは違う食感が楽しめます。

    生本まぐろ大とろ(300円)

     そしてトリは大とろです。

     ただそこにあるだけなのに脂がにじみ出てくるようで、その美味しさは言うまでもありません。

     胃にどっしりくるので最後に食べると良い〆になります。

    とんこつラーメン(380円)

     福岡県からは明太子以外にラーメンラインナップ。

     とろみのつよい豚骨で、それでいてくさみは強くありません。いわゆるクリーミー系の豚骨。

     惜しいのは麺で、中太の豚骨ラーメン福岡県代表と認める博多の人間がいるかどうか……。

    白くまパフェ280円)

     デザートには鹿児島から名物の白くま

     かき氷バニラアイスの組み合わせに、それにみかん、桜桃、パイナップル、苺、小豆をトッピング

     下にはたっぷりの生クリームがあり、一番下にはさらにかき氷と大振りの桜桃が2つあります。予想外の桜桃が出てきて楽しいですね。

     王道のしろくまを小さくした感じです。

    長崎カステラ 和三盆アイス添え(300円)

     もうひとつのデザートは長崎カステラ

     卵濃く、少し甘めなカステラです。底にはもちろんザラメ。

     表面にグラニュー糖を散らしてあるため、カステラのふんわりとザラメやグラニュー糖のシャリシャリとした食感が混じるのが楽しい一品。

     そのカステラの上に「これでもか!」という量のミルク感の強いアイスクリーム

     アイスクリームカステラ、一緒に食べると何とも言えない多幸感に包まれます。

    スシロー大九州展」は来週末まで!
    今までにないネタが盛りだくさんなのでぜひ

     「うまいネタだけ超厳選 スシロー大九州展」は9月27日で終了です。まだ食べてない人はお急ぎを。2回は行かないと完全制覇できません。

    ※記事中の価格は“税別”です。


    スシローで「大九州展」開催中! 馬刺し、明太子にとんこつラーメンも食べられて大満足


    (出典 news.nicovideo.jp)





    ブルーベリーと聞くと、アイスクリームデザートについてくるフルーツ、とイメージする人も多いと思いますが、実は使用方法はいろいろ。

    今回はちょっと意外なブルーベリーを使ったレシピを紹介します。通年買うことが出来て、手軽な冷凍ブルーベリーを使います。

    今年増えた在宅勤務中のランチにぴったりですよ。

    脳の健康にもよい影響

    教えてくれたのは、管理栄養士でフードコーディネーターの清水加奈子さん。

    レシピは、2020年9月16日に行われた、ブルーベリーのもつ高栄養価や健康効果を日本向けに発信するプロジェクトBlueberry Life Labブルーベリーライフラボ)」オンライン発表会で公開されました。

    豚肉のしょうが焼きブルーベリー風味プレー

    【材料】(2人分)
    ロース肉(薄切り・生姜焼用)... 200g

    冷凍ブルーベリー... 50g(★)
    しょうゆ、酒... 各大さじ2(★)
    砂糖みりん... 各大さじ1(★)
    おろし生姜... 1片分(★)

    玉ねぎ... 1/4個
    キャベツミニトマト... 適量
    ごはん... 2膳分
    油... 大さじ1
    パセリ... 少々

    作り方は、豚肉を(★)に5分ほどつけたのち、フライパンで豚肉、1cm幅に切った玉ねぎを焼き、漬けたタレを加え煮絡めれば完成です。付け合わせとして、千切りのキャベツミニトマトをどうぞ。パセリはご飯にかけます。

    しょうが焼きにブルーベリー!? と一瞬不安になりますが、清水さんによると「とっても合う」のだそう。ブルーベリーは砂糖や酢といった調味料の代わりになるため、和の調味料との相性もよく、とてもさっぱりしたタレになるそうです。


    そもそもなぜブルーベリーと合わせるかですが、それはブルーベリーの免疫力向上の力に注目が集まっているからです。

    風邪やインフルエンザ等の原因であるウィルスに対抗する免疫力を低下させる一因は、体内の細胞を傷つける活性酸素だといわれています。

    ブルーベリーに豊富に含まれている「アントシアニン」はファイトケミカルといわれ、活性酸素を除去する働きがある抗酸化成分です。抗酸化成分を積極的に摂ることで、免疫力アップが期待できると考えられています。

    また、「アントシアニン」は脳の健康にもよい影響を及ぼすそうなので、在宅ワーク中のレシピにぴったりというわけです。

    合わせて、写真映えしそうなおやつレシピも教えてくれました。

    ブルーベリーの鮮やかな紫が映えるブルーベリー大福もちです。中の白あんにもブルーベリーを混ぜ、白玉粉にもブルーベリーを混ぜることで、外も中も美しい色になります。


    【材料】(6個分)
    白玉粉、砂糖... 各100g、水...100ml、冷凍ブルーベリー...50g、レモン汁...小さじ1
    白あん・・・120g、冷凍ブルーベリー...30g
    片栗粉...適量

    レンジアップして温めた白あんにブルーベリーを混ぜ6個に丸める。ダマにならないように溶いた白玉粉、砂糖にブルーベリーレモン汁を入れてレンジで3分。その後は30秒ずつ加熱し、都度木べらでよく混ぜ生地が半透明になるまで温める。あとは6分割して中にあんを入れれば完成です。

    冷凍ブルーベリーは一番おいしいときに収穫してその美味しさを保ったまま食べられるのが魅力。好みのドリンクに氷の代わりに入れると薄まらずかつ冷たさもキープしてくれるそうですよ。

    連休のおうちおやつにお試しを!



    (出典 news.nicovideo.jp)



     秋野菜には、夏の間にたまった胃の疲れを癒し、冬に向けて免疫力を高める効果が期待できるものが多くあります

    欲しいメリットでチョイス!秋野菜のとり入れ方


    夏の疲れで食欲がないときの食事にするなら
    里芋・つるむらさきれんこんなどの秋野菜は、独特の粘りがあるため飲みこみやすく、夏の疲れで食欲が落ちているときにぴったりです。

    免疫力を向上させたいなら
    秋が深まり湿度が低下すると、風邪やインフルエンザなどのウイルスがカラダに侵入しやすくなります。こういった感染症の予防をするなら、免疫力を高める作用があるビタミンC・β-グルカンを含む野菜を積極的に摂ることも大切です。
    ビタミンC・β-グルカンをたっぷり摂ることができる主な秋野菜は下記のとおりです。

    ビタミンCが豊富な秋野菜:さつまいもれんこん
    さつまいもれんこんに含まれるビタミンCはでんぷんでコーティングされているため、加熱しても壊れにくく、調理による損失が少ないという特徴があります。


    ■β-グルカンが豊富な秋野菜:しいたけまいたけしめじなどのきのこ
    きのこ類に含まれる食物繊維のひとつ「β-グルカン」には、免疫細胞を活性化し、免疫力を高める作用があるとされています。特に、しいたけまいたけに多く含まれています。


    ダイエッター必見!秋野菜をヘルシーに楽しむコツ



     さまざまな効果が期待できるものの、さつまいも・里芋・れんこんダイエットにとり入れるなら、適量を守り、調理法を工夫することが大切です。

    さつまいもをとり入れるコツ
    カロリーが気になるさつまいもですが、中サイズのものを1/3本ほどを食べれば150kcal以下となりカロリーオーバーになる心配がありません。むしろ、便秘解消に役立つ食物繊維や美肌作りに効果を発揮するビタミンA(β-カロテン)・ビタミンEなどを摂ることができるため、甘いお菓子を食べるよりベターです。

    さつまいもの甘みを十分に引きだすコツは、じっくり加熱すること。 例えば、アルミホイルに包んださつまいも160℃に設定したオーブンで約90分焼けば、甘みが強くしっとりとした焼き芋に。もちろん、シナモンシュガーバターなどは付けずにシンプルに食べるようにしましょう。

    里芋をとり入れるコツ
    里芋は、いも類のなかでは比較的カロリーが低めで、糖質量も少なめです。
    100gあたりの里芋とさつまいもを比較すると、里芋のカロリーは58kcalでさつまいもの半分以下。糖質量は36%ほど少ない11.2gです。このうれしい特徴をダイエット中の食事に活用するなら、砂糖を使った煮物にするより、「きぬかつぎ」にしてみましょう。カロリーオーバーになりにくく、ねっとりとした食感と素朴な味わいを楽しむことができます。

    《きぬかつぎの作り方と食べ方》
    1.洗った里芋を皮付きのまま蒸し器で15~20分蒸す。
    2.蒸したての里芋の皮をむき、少量の塩をつけて食べる。
    蒸し器がないときは、里芋を1個ずつラップで包み、電子レンジで約5分加熱すればOKです。

    れんこんをとり入れるコツ
    れんこん100gあたりの糖質量は14.2gと里芋より多め。実は食べ過ぎに注意したい食材です。
    きんぴらにするなら、れんこんだけで作るのではなく、こんにゃくを加えて糖質とカロリーを抑えるとダイエット向きのメニューになります。砂糖を控えめにして薄味にするのもおすすめです。

    秋野菜には、冬へ向けて体調を整えるのに役立つ栄養素がたっぷり含まれています。カシコクとり入れてみてくださいね

    栄養士が伝授!秋野菜を上手に食べるコツ


    (出典 news.nicovideo.jp)



    「発酵あんこには砂糖が含まれないので、食べてもほとんど血糖値が上がりません。そのうえ、食物繊維が豊富で腸内環境を整える作用があり、美肌効果も期待できます。鉄分や亜鉛も多く含む、女性にはうれしい食品なんです」

    こう話すのは、東京慈恵会医科大学附属病院栄養部の管理栄養士、赤石定典さんだ。

    一般的にあんこは砂糖を加えて甘味をつけているが、発酵あんこは、あずきに含まれるデンプンを麹の酵素により糖分に変え、自然な甘味を引き出している。そのため低糖質で、食後に血糖値が急上昇する心配がないのが特徴だ。

    「発酵あんこは、一般のあんこよりポリフェノールも豊富です。後者は、あずきを煮込む過程で煮汁を捨てますが、溶け出したポリフェノールも同様に捨ててしまうため、その量は半分ほどに減ってしまいます。いっぽう、発酵あんこ炊飯器で炊いて汁ごと発酵させるので、あんこになってもポリフェノールが丸ごと残るのです。抗酸化物質であるポリフェノールには、活性酸素で傷ついた細胞を修復して、シミやシワなどの老化を防いだり、がん細胞の増加を抑える効果が期待できます」

    さらに、赤石さんが注目するのはタンパク質あずきは大豆と同じようにタンパク質を非常に多く含んでいるという。

    「発酵あんこ100グラム食べれば、1回の食事で摂取したいタンパク質の量(20グラム)をクリアできます。食卓に肉や魚が足りないときに、“おかず”として食べるのもありですね。あずきにはサポニンというコレステロールを下げる成分も含まれます。脂肪の吸収を抑えてくれるので、脂っこい食事のお供にするといいでしょう。その場合、食事の最初に食べるのがベストです」

    また、あずきの皮に含まれる食物繊維は腸内で善玉菌のエサになり、腸内環境の改善に大きな力を発揮する。お通じがよくなるため、冒頭で触れたように、美肌効果も期待できる。

    ビタミンミネラルも豊富で、なかでもうれしいのは女性が不足しやすい鉄分や亜鉛が豊富なこと。したがって、貧血対策としても有効だ。

    「大豆イソフラボンも多く含まれます。この成分は女性ホルモンエストロゲンと化学構造が似ていることから、閉経後の女性ホルモンの減少により起こる更年期の不調や骨粗しょう症などの病気の予防としても役立ちます」

    発酵食品というと、作るのに手間がかかるのではと思いがちだが、実際はいたって簡単。炊飯器に渋切りしたあずきと水をセットし、炊き上げたら麹を入れて、8〜12時間、そのまま発酵させるだけ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ