簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:


     発酵食品である味噌に、たっぷりの野菜や海藻、きのこ類を合わせ、温かい水分で満足感を高め、食べ過ぎを防ぎやすくする料理。また、腸内環境の活性化や生活習慣予防効果が期待できる栄養素をたっぷり摂取することができ、かつ低カロリーに抑えることができる夢のような料理。実は、こうした特長を持つのが「味噌汁」なんです。そんな味噌汁も、工夫次第で健康効果を最大限に高めた“最強の”味噌汁にできるのだそうです。

     医師で順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんの著書「医者が考案した『長生きみそ汁』」(アスコム刊)では、日本人に合った最強の健康法「長生きみそ汁」が紹介されています。それによると、自律神経のバランスや腸内環境を整え、血液をサラサラにする効果が期待でき、生活習慣病や慢性疲労の改善やアンチエイジングに役立つのが長生きみそ汁なんだとか。一般的な味噌汁との大きな違いは、すりおろした玉ねぎリンゴ酢を、赤味噌と白味噌の合わせ味噌に加えた「味噌玉」を作る点。ただの味噌汁ではなく、味噌にこだわって玉ねぎリンゴ酢を加えることで、豊富な栄養素がさまざまな不調を予防・改善してくれるそうですよ。

     味噌汁は手軽に食事の一品として加えることができ、具材の工夫次第で豊富な栄養素や食物繊維を摂取することができます。また、調理の過程で栄養素が食材から抜け出しても、汁まで取り入れることでリカバリーすることが可能。より手軽に健康維持やダイエット、疲労回復に役立てることができるのです。

    “最強の味噌玉”を作って冷凍しておけば、具材とお湯を合わせるだけで簡単に調理可能。時短にもなり、うれしいことばかりですね。とくに、お酢は味噌や醤油、出汁などと比べれば、「毎日」食卓に登場させにくい調味料いつもの食事の栄養価を格段にアップさせるアイテムとして、毎日の味噌汁で取り入れてはいかがでしょうか。




    (出典 news.nicovideo.jp)





    牛丼チェーン吉野家」は、プライベートジムの「ライザップ」とのコラボメニュー第2弾「ライザップサラダエビアボカド」を、2020年2月6日に発売しました。

    より「たんぱく質、低糖質」になった新メニューに、ダイエッターから感動の声が上がっています。

    「アボカドと海老のテッパンの組み合わせ」

    ライザップサラダエビアボカド(画像は公式サイトより)

    2019年5月に発売されたコラボメニューライザップサラダ」(500円)に続く、第2弾です。同メニューはダイエッターを中心に、200万食突破と大きな反響を呼びました(2020年2月5日時点)。

    メニューの「ライザップサラダエビアボカド」(600円)は吉野家自慢の牛肉に加え、鶏肉、ブロッコリー、半熟玉子、エビ、アボカドが入っています。バランスよくたんぱく質を摂取できる、ボリューム満点の一品です。

    ライザップサラダ(画像は公式サイトより)

    ライザップサラダ」より100円高いですが、サラダと相性の良いエビとアボカドを加わったことで、食感も彩りもアップ食べ応えも増しています

    栄養成分をチェックしたところ、1食あたりエネルギー441kcal、たんぱく質32.9g、脂質28.4g、炭水化物14.4g、食塩相当量2.2gでした。

    吉野家の通常の牛丼(並)は、エネルギー652kcal、たんぱく質20.2g、脂質20.4g、炭水化物92.8g、食塩相当量 2.7gです。比較してみると、「ライザップサラダエビアボカド」が高たんぱく質で低カロリー炭水化物が少ないことがよくわかりますね。

    SNSでは「牛丼よりも満足感があり罪悪感がない」「アボカドと海老のテッパンの組み合わせ」と好評の声が寄せられています。

    テイクアウトもできるので、自宅や職場でも食べられます。ランチや仕事帰りに活用できそうですね。

    なお、一部取り扱いのない店舗もあります。

    商品ならびに非販売店舗の詳細は公式サイトへ。

    ※価格はすべて税別表記。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    理研ビタミン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山木一彦)は、2020年2月18日(火)、当社通販サイト「リケンダイレクト」限定にて、三陸産の「新芽生わかめ」の販売を開始しました。
    通販サイトはこちらから→ https://www.riken-direct.jp/shop/g/g67294/

    商品写真

     日本の養殖わかめの生産量の約7割を占める三陸地区では、例年4月までわかめの収穫が行われます。今年のわかめは昨年秋からの海水温が高く生育が心配されましたが、順調に育っています。新芽わかめは本格的なわかめの収穫シーズンの前に幼葉の段階で刈り取るもので、茎まで食べられるやわらかい食感と磯の風味が特長です。
     理研ビタミンでは漁師さんが1本1本丁寧に刈り取った新芽わかめを当社通販サイト「リケンダイレクト」で販売いたします。限定数量がなくなり次第の終了となりますので、この機会に旬の味をぜひご賞味ください。

    刈り取りの様子 大船渡 2月5日
    収穫したばかりのわかめ(写真左)は、ボイルすると鮮やかな緑色に変わります(写真右)
    • 商品概要
    商品名 : 三陸産 新芽わかめ
    原材料 : わかめ(三陸産)、食塩
    容量  : 140
    価格  : 594円(税込)
    賞味期間: 60日間(製造日より)
    保存方法: 直射日光を避けて保存してください
    発売日 : 2月18日(火)
    発売期間: 3月下旬 ※限定数量なくなり次第終了

    配信元企業:理研ビタミン株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




     運動を始めたり、ダイエットを始めたりした際、食事バランスに気を付けると思います。その際、プロテインを飲もうか迷う方も多く、実際に私自身、お客様に相談されることが多い内容です。

    ダイエットのために!
    筋力をつけるために!
    引き締まったキレイな体になるために!

    プロテインに興味を持つ理由は様々だと思います。

    今回は、プロテインの必要性やそもそもプロテインとはなにか?を書きたいと思います!!

    個人の食事によって必要性が変わる!


     まず最初に、プロテインとはなにか・・・?正確に答えられますか???

    プロテインとは、たんぱく質という意味です。今回お話しするのは、プロテインウダーのお話です。

    プロテインと聞くと、トレーニング後などにムキムキマッチョの人がガブガブ飲んでいるイメージの人も少なくないのではないでしょうか?

    ですが、特別なものではありません。実はプロテインは一般の方や運動を始めた方にも重要な食品で、分類的には牛乳や大豆や卵などが原料の、栄養補助食品なんです!

    ●牛乳→ホエイプロテイン、カゼインプロテイン
    ●大豆→ソイプロテイン
    ●卵→エッグプロテイン

    が主要なプロテインウダーの種類です。

    普段の食事でたんぱく質が少ない方は、運動をしていなくても摂った方が良いでしょう。逆にしっかり摂れているようであれば、プロテインウダーを取る必要はありません。

    たんぱく質の1日摂取量の目安は

    ・運動をしていない人
    体重×1~1.5=必要量()g

    ・運動をしていて筋肉をつけたい人
    体重×1.5~2.0=()g

    あなたの目標や目的によってたんぱく質の必要量は変わりますが、食事でまかなえない場合は、プロテインウダーを飲むと良いと思います。


    プロテインパウダーを選ぶときのポイント



     上でも書きましたが、種類が色々あると、迷ってしまいますよね?基本は、ホエイプロテインかソイプロテインのどちらかを選択すれば問題ありません。

    ホエイプロテインは、吸収スピードが早く吸収率も良いため、トレーニングをしていて筋肉をつけたいという方にオススメです!

    ソイプロテインは、吸収のスピードが遅いものの、大豆イソフラボンや食物繊維も含まれているため美容効果も高く、ダイエットや美容に関心がある方にオススメです!

    【まとめ】

     プロテインは飲めば痩せる!!というものではありません。

    しかし、効率よく筋肉をつけていきたい人には必要なサプリメントだと思います。基本は食事でのたんぱく質摂取を心掛けて、食事で摂り切れない分はプロテインウダーを摂るようにしましょう。

    あくまでも栄養補助食品なので、プロテインウダーを摂っているから食事をおろそかにして良いわけではないですが、食事でタンパク質を十分に摂るのが難しい方はプロテインで摂取すると良いと思いますよ!

    ダイエット中にプロテインを飲むべきか?


    (出典 news.nicovideo.jp)




    風邪が治るまでに個人差はありますが、(持病などがない健康体であれば)だいたい1週間ぐらいかかりますよね。

    でも、仕事や学校があるとそんなには休めない。そんな時のセルフケア対策に参考になる研究結果が発表されました。

    風邪には、亜鉛が効くらしい

    風邪が治るまでの時間を短縮するには、亜鉛が効くそうです。

    亜鉛と免疫系の関係を長年研究してきたアナンダ・プラサッド医師は、ミシガン大学のフィッツジェラルド教授と協力して、デトロイトである実験をしました。

    被験者には亜鉛入りののど飴か偽薬ののど飴が与えられ、亜鉛を摂取した人はそうでない人より風邪の治りが2、3日早かったことが判明したのです。フィッツジェラルド教授はその結果に驚いたと語っています。

    亜鉛を含む食品は?

    亜鉛を多く含む食品群 Image: Shutterstock

    亜鉛を多く含む食品には魚介類、肉類、藻類、野菜類、豆類、種実類があります。

    特にかき(養殖/生)には100gあたり14.5mgと亜鉛が多く含まれるほか、うなぎの蒲焼100g(1串)には2.7mg、豚・肝臓生100gあたり6.9mgと魚介類や肉類に亜鉛が多く含まれています。

    健康長寿ネット」より引用

    亜鉛といえば、貝類、特にかきに多く含まれています。

    他には、肉類、カニ・エビ、ナッツ類、チーズなどがあります。亜鉛を含む食品はたくさんあるようなので、摂取するのは難しくなさそうです。

    具体的な数値は、健康長寿ネット(亜鉛の働きと1日の摂取量)を参考に。

    亜鉛サプリの成分には要注意

    NPRでは、ヘルシンキ大学のHemilä教授が2017年に発表したメタ分析の結果を取り上げています。

    (ヘルシンキ大学のメタ分析では)風邪のひき始めに1日80mgから92mgの亜鉛を摂取することで、風邪の期間を33%短縮できたと結論づけています。

    この研究では、亜鉛でもzinc acetate(酢酸亜鉛)や zinc gluconate(グルコン酸亜鉛)の効果が高いことが判明。また、1日の摂取量を100mg以上に増やしても効き目が強まることは証明されなかったとのことでした。

    NPR」より引用翻訳

    Hemilä教授はまた、市販のサプリやのど飴にはいろいろな成分が混ざっていて効率よく亜鉛を摂れないこともあると述べています。

    たとえば、亜鉛をクエン酸と一緒に摂ると、クエン酸が結合して亜鉛が放出されないのだとか。

    厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、1日の推奨量(ほとんどの人が充足している量)は、男性が10mg、女性が8mg。そして耐容上限量(過剰摂取による健康障害を回避する量)は男性45mg、女性35mgとなっています。

    ヘルシンキ大学のメタ分析の摂取量は、その基準をかなり上回っており、また摂れば摂るほど良いというわけではなく、摂り過ぎによる悪影響もあります。

    となると、成分が気になるサプリよりも、亜鉛の多い食材を積極的に取り入れて免疫力アップを目指すのがベストのようです。




    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ