簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:


     ダイエットしてる女性が陥りやすい「鉄分不足」。極端な減量をしていて、ふらふらしたり、めまいや頭痛、顔色が悪かったりという経験はありませんか?

     実は「鉄分」は、ダイエットをしている女性に限らず、思春期・妊娠期・授乳期・中年期・閉経期、すべての女性に、とても大切な栄養素なのです。そこで、貧血対策におすすめの常備菜レシピをご紹介します。

    鉄分不足は貧血を引き起こす原因


     なぜ鉄が不足すると貧血になるのかというと、鉄は体に必要な酸素を運ぶヘモグロビンの材料だからです。鉄が不足するとヘモグロビンが不足し、体内に十分な酸素が行きわたらなくなります。それが貧血の原因です。

     体の中の鉄分は、尿や汗により1日に1mg排出されています。加えて、女性は月経により1日当たり0.5㎎の鉄を排出しています。(※)私達は、この排出された鉄分を毎日の食事で補う必要があります。

     極端なダイエットで食事を抜いたり、3食バランスよく食べない日が続くと、どうしても鉄分が不足しがちになります。毎日の食事で鉄分不足を解消するように心がけましょう。


     今回は手軽に鉄分を補える簡単な常備菜をご紹介します。


    貧血を予防する常備菜レシピ



    レバーごぼうのしぐれ煮
    〈材料:2人分〉
    レバー・・・60g
    ごぼう・・・・65g
    生姜・・・10g
    だし汁・・・・1/2カップ
    砂糖・・・・・小さじ1と1/3
    しょうゆ・・・小さじ2
    酒・・・・・・小さじ2
    ごま・・・・・少々

    〈作り方〉
    1. 鶏レバーは血の塊を取り除き水にさらした後、さいの目切りにする。
    2. ごぼうは、皮をこそげて縦2つにして斜め切りにする。
    3. 2を柔らかくなるまで茹でる。
    4. 生姜は千切りにする。
    5. 鍋にだし汁、砂糖、しょうゆ、酒を入れて調味液を作る。
    6. 5に鶏レバー、茹でたごぼう、生姜を入れて汁気がなくなるまで煮たあと、ごまを少々混ぜ合わせお皿に盛る。

     この常備菜に、主食のごはんと良質のタンパク質であるお魚やお肉などの主菜と具沢山野菜の味噌汁を加えてみたらいかがでしょうか。常備菜は多めに作って、いつでも食べられるようにしておくと便利です。

     貧血は、3食バランスよく食べて、睡眠を十分にとり(睡眠不足は体内の水分バランスを崩して血液を薄くします)、規則正しい生活を心がけると、少しずつ改善していきます。今日からぜひ「脱」鉄分不足でご自身の生活を見直してみましょう!

    栄養士が教える貧血対策!かんたん常備菜で鉄分不足を解決


    (出典 news.nicovideo.jp)


     今回はクランベリーについて紹介していきます。

    クランベリーの食べ方


    ドライフルーツで食べる

    クランベリーはそのまま食べると甘味よりも酸味が強く感じられます。そのため加工した状態で食べるのが望ましいでしょう。ドライフルーツであれば賞味期限も長く持ちます。

    手軽においしく食べられるのはドライフルーツのいいところですね。果実を乾燥させているので、栄養成分がギュッと凝縮されます。

    しかし、ドライフルーツにすることでビタミンのみ消失しています。ビタミンを中心に栄養を取りたいと思う方にはおすすめできませんが、おいしいです。

    おやつにそのままつまんだり、朝食ではヨーグルトに混ぜたりとアレンジの仕方も豊富です。お菓子感覚で食べたくなりますね。


    ・サプリメントで摂取

    最近ではクランベリーのサプリメントも販売されています。一日の目安量がわかりやすいですから、摂取しすぎる心配がありません。

    毎朝、朝食後など自分で飲む時間帯を決めれば飲み忘れる心配もありません。持ち運びにも便利なので、会社や外出先でも飲むことができます。きちっと摂取したい方はサプリメントがおすすめです。

    ジュースとして飲む

    毎日でなくても、時々摂取するならば、クランベリージュースはいかがでしょうか。

    朝起きたときの1杯にしてもいいですね。家族みんなでクランベリーを取り入れるのであれば、ジュースがいいですよ。酸っぱいと感じる方は、炭酸水で割ると飲みやすくなります。大人も子どもも好きなときに飲めますから冷蔵庫に1本あってもいいですね。


    副作用は?



    食品として楽しむ分には副作用はありません。

    しかし、クランベリージュースを1日1リットル以上摂取すると腎臓結石のリスクが高まるとされています。

    過度に飲みすぎると、かえって身体に不調をきたす可能性がありますので、くれぐれも摂取しすぎないようにしましょう。

    特にお子さんについては、クランベリー果汁として摂取した場合のみ、安全性が認められています。

    サプリメントなどを子どもに渡してしまうのはやめましょう。

    妊婦さんは注意すべき?

    クランベリーの効能は女性にとって嬉しいことばかりですが、妊婦の方でも食べても安全であるという十分なデータは現在のところありません。胎児への影響についても不明のため、摂取しないほうが望ましいです。

    もし食べたい場合は、かかりつけの産婦人科で相談しながら摂取することをおすすめします。

    クランベリーの驚くべき効果効能 オススメの食べ方とは


    (出典 news.nicovideo.jp)


    代替テキスト

    血糖値、血圧を下げ、少しでも健康な血管を取り戻すのは長寿のカギ。誰もが目指すところだ。慣れ親しんだ食材にすごいパワーが秘められているとなれば、試してみるしかない
    ーー!

    「もともと私は20年来、酢タマネギを毎日食べ続けて、その健康効果を広めてきました。酢タマネギは血糖値を下げるだけでなく、血圧を下げ、しかも血管をしなやかにする効果があり、まさに血液サラサラ食材なんですよ。あるとき、酢を入れて納豆を食べると血糖値を下げると聞き、これは合わせて食べればいいじゃないかと発案したのが『酢タマネギ+納豆』というレシピなんです」

    そう話すのは、南越谷健身会クリニック院長の周東寛先生。

    「私自身が20年以上も酢タマネギを欠かさず食べているのは、その間、体調がずっといいからです。まずそれまで便秘がちだったのが、毎日スムーズになり、20年間、本当に気持ちのいいトイレ時間を過ごせています」(周東先生・以下同)

    もちろん血圧も血糖値もずっと正常値。油断すると太りがちだった体重も無理することなくキープできているとか。

    「自分で本当にこれは効くと思えているから、患者さんやセミナーでも勧めているんです」

    そして酢タマネギを長年食べているうち、さまざまな工夫が生まれ、そのうちのひとつが「酢タマネギ+納豆」だという。

    ■基本の「酢タマネギ」の作り方

    〈用意するもの〉

    密閉容器
    タマネギ…1個
    りんご酢…100150ml(タマネギと容器の大きさにより調節)
    黒砂糖…大さじ1
    塩…小さじ1

    〈作り方〉

    (1)タマネギみじん切りにする。
    (2)りんご酢に黒砂糖と塩を混ぜ、合わせ酢を作る。
    (3)容器にタマネギを入れ、ひたひたになる量の(2)を入れる。
    (4)冷蔵庫で一晩寝かせて完成。※賞味期限は2週間をめどに使い切る。

    「これをスプーン3〜5杯、納豆に入れます。このとき、タマネギだけでなく、浸した甘酢もたっぷりといっしょに入れることです。甘酢だけで十分味がついているので、このまま食べてもおいしいですが、納豆についているからしや液体タレも少し入れると食べやすくなります」

    なぜ、この「酢タマネギ+納豆」にそれだけの健康効果があるのか?

    「まずタマネギには、血管内で血が固まるのを防ぎ、血管を広げて血流をよくする硫化アリルやケルセチンが豊富。そのうえ、血中の余分な糖や脂質を減らす効果も知られているんです」

    このタマネギを酢に漬けることで、酢が持っている血液サラサラ効果がプラスされる。

    「酢の主成分である酢酸。これも血管を広げる作用があり、血流を改善します。もうひとつの成分であるクエン酸には強い抗酸化作用があり、これは動脈硬化を防ぐ効果があります」

    そのうえ酢は、血液中で、赤血球に糖がくっつくことを防ぐので、これが血糖値を下げることになるという。

    タマネギと酢には、両方に血管を丈夫にし、血液の流れをよくする効果があるんです。ですからタマネギを酢に漬けることで、両方の血液改善効果をいっぺんに体に取り入れることができるんです」

    いっぽう、納豆でいちばん有名な健康成分はナットウキナーゼと呼ばれるタンパク質分解酵素だ。

    「この酵素には血栓(血の塊)を溶かす効果があり、食べ続けると、血流が改善することが認められています。血行がよくなると、心臓への負担が減ることから、血圧が下がります。このため、納豆を毎日食べていたら、血圧が下がり、それまで飲んでいた降圧剤がいらなくなったという患者さんもいるくらいです」

    そしてなんと納豆にも糖尿病予防効果があるとか。

    「食事中に、納豆を食べることで、糖の吸収がゆるやかになることが知られています」

    このタマネギと酢と納豆のトリプル血液サラサラ効果が「酢タマネギ+納豆」で実現するというわけだ。

    実際、酢タマネギを納豆に混ぜて、毎日食べ続けることで、血糖値だけでなく、「高い血圧が下がった」「中性脂肪値が下がった」など、多くの声が、周東先生のもとに寄せられているという。

    あなたも、気になる血糖値や高血圧対策に1日1回「酢タマネギ+納豆」を続けてみてはいかが。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    人気回転寿司チェーンの『スシロー』は23日から、大食いタレントギャル曽根とコラボした「チャレンジ・ザ・超ギャル曽根パフェ」(1,078円)を発売。数々のデカ盛りグルメを制覇してきた記者は、急いで店舗に向かった。

    ■3つのアイスが盛り付けられた

    スシロー

    今回の新メニューは、スシロー史上最大の超デカ盛りと謳われている。ギャル曽根が厳選した3つのアイス(紅茶アイス、ももマーブルシャベットキャラメルアイス)がこれでもかというほど盛り付けられたインパクト抜群の一品だ。

    同時に1/3サイズの「ビギナー超ギャル曽根パフェ」(363円)も発売。メニュー名にビギナーと付いているので、まずはこれから食べてくださいということなのだろうか。

    しかし、50を超えるデカ盛りメニューを制覇してきた記者は、「スシローデカ盛りなんて余裕だろう」と自信に満ち溢れた表情でデカ盛りサイズを注文。すぐに食べ終えて、どの寿司を注文しようかとも考えていた。さぁ来なさい!

    ■圧倒的な大きさを誇る

    スシロー

    5分ほどで提供されたモノがこちら。今にも崩れ落ちそうなほどアイスが盛り付けられている。

    スシロー

    テーブルに置いてある甘だれの容器と比べてみても、その圧倒的な大きさが分かる。それでもこのレベルなら、問題なくイケるだろう。

    スシロー

    食べる前に一番気になったのは、お子様ランチに立てられた国旗のように、アイスにささっているギャル曽根の写真と「デカ盛りしか勝たん!」という文言。いったいこれは何なのだろうか。そうか挑発ということか…。しかし動じぬということで、心頭滅却してスプーンを手にした。


    ■3つのアイスはハイクオリティ

    スシロー

    3種類のアイスはどれもハイクオリティだったが、記者個人としては甘酸っぱい桃のソースがかかった「ももマーブルシャベット」が一番の好み。喉を通り過ぎてからの爽快感がたまらないのだ。

    スシロー

    パフェでありがちなコーンフレークのかさ増しはなく、食べ進めても3種のアイスが顔を出すのはデカ盛り好きには嬉しいかぎり。

    写真を撮影しているときにずっと視線を感じると思ったら、ピンボケしたギャル曽根がこちらを見つめてくれる。レジェンドに見られながら食べていたので、自然と行儀が良くなっていることに気が付いた。

    スシロー

    しばらくすると、アイスの量が多すぎるせいか体がブルブルとしてくる。あまりに寒かったので、急いで温かいお茶を用意。ここが回転寿司店で本当に良かった…。


    ■大満足の一品だった

    スシロー

    アイスとお茶を交互に口に入れながら食べ進め、残りは少し。容器の下のほうには、とろっとした食感のプリンと、香ばしく焼き上げられたブリュレを発見。甘いものが大好きな記者にとっては嬉しい出来事なのだが、デカ盛り過ぎてスプーンを持つ手が進まない。

    スシロー

    それでもなんとか完食。大食い界のレジェンドギャル曽根とのコラボ商品だけあって、かなりのボリュームでパフェの後に寿司を食べることはできなかった。2人でちょうど良いサイズといえるだろう。自信満々の表情は消え、満腹で店を後にした。

    スシロー、驚異の「デカ盛りスイーツ」を新発売 もはや主食レベルのボリュームだった


    (出典 news.nicovideo.jp)


    ご飯の支度が面倒なときや、忙しい朝の時間帯に重宝する「瓶のおかず」。

    今回は「カルディ」で見つけた、ごはんが進む瓶のおかずをご紹介します。

    定番の鮭の瓶詰から、ピリッと辛い明太子なめ茸など3種類をレビューしていきます。

    カルディ行ったらこれ買お!おすすめ「瓶のおかず」集

    シンプル子どもにも大人気! もへじ「あらほぐし塩鮭」

    食卓に並ぶ瓶のおかずで、忘れてはいけないのが「鮭」です。

    鮭の瓶詰めといえば、バラバラの赤い身が特徴的な鮭フレークを思い出す方も多いのではないでしょうか?

    カルディで売られている鮭の瓶詰めは、食べ応え抜群なあらほぐしタイプになっています。

    噛めば噛むほど旨味が広がる

    瓶にギッシリ入った塩鮭は、見慣れた鮭フレークとはちょっと違い白っぽい色をしていました。

    鮭は本来白身魚で、普段食べている餌で身の色が赤っぽく変化していくそうです。

    独自のタレに一夜漬けしたという身はしっかり味付けされていて、優しい塩味が味わえました。

    ガツンと塩味が欲しい方には少しもの足りないかもしれませんが、噛めば噛むほど味が引き立つ塩鮭で、いろいろなソースともマッチしそうです。

    フレークとは違う大きな身がポイント

    塩鮭一つひとつの身が大きいあらほぐしタイプはフレークタイプとは違い、おにぎりの具にしても、食べるときにこぼれ落ちにくいのがポイントです。

    ちょっと乗せただけで、ご飯を隠してしまうような存在感があります。

    1瓶80g入りで486円ですが、お茶漬けに入れたりパスタソースと合わせたりなどアレンジが効くので、魚を焼く手間を考えたら案外安いかもしれません。

    おつまみにもぴったり! もへじ「明太子なめ茸」

    大根おろしと合わせたり、卵焼きにいれたり、色々なアレンジを楽しめる「なめ茸」。

    そんななめ茸をピリ辛に仕上げた、明太子なめ茸がカルディで購入できます。

    もともとアレンジが効くなめ茸ですが、明太子が入ることによって、さらにレシピバリエーションが増える味わいになっています。

    甘めの味わいが特徴のなめ茸ですが、もう少しパンチが欲しいなら明太子なめ茸がおすすめです。

    明太子の辛さをなめ茸で包み込んでマイルドに仕上げているこちらの商品は、明太子の辛さが苦手な方でもチャレンジできるピリ辛具合。

    なめ茸の分量のほうが多めなので、トロっとした食感はそのままに、おつまみのような塩味とピリ辛さがプラスされています。

    なめ茸のシャキシャキ感も失われずしっかり活きていました。

    ご飯に乗せるとなめ茸の味わいが強め

    ご飯に乗せてみるとトロっとした形状で、一般的ななめ茸と変わらないネバネバ具合でした。

    ご飯と一緒に食べてみると、明太子なめ茸単品で食べたときと同じくなめ茸の甘さが強く、食べ慣れた味わいに少し明太子のピリ辛感を感じました。

    明太子となめ茸を合わせることでどちらの旨味もしっかり引き出す、ご飯が進む一品です。

    パスタソースとしても活躍!

    カルディの公式サイトには、マヨネーズと和えてサンドイッチにしたり、オムレツに混ぜてもおいしいとの情報がありましたが、今回はパスタソースとしてアレンジしてみました。

    明太子なめ茸本来の味を活かした甘めのパスタソース寄りではなく、塩味をプラスしたものを作りたかった筆者。

    明太子なめ茸にバターと醤油、白だしを目分量でプラスして即席「和風パスタ」を作ってみました。最後に刻み海苔をトッピングしたら、お店級の簡単パスタが完成しました。

    たくさんアレンジが楽しめるので、飽きずに最後まで食べられそうです。

    アレンジさまざま!幅広い食材に合うおかず

    幅広い食材にマッチする! もへじ「食べるラー油

    食べるラー油はさまざまな商品が発売されているので、1度は食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

    カルディで購入できる「株式会社もへじ」の食べるラー油は、フライガーリックが入っていて、食べ応えのある一品です。

    蓋を開けるとラー油がたっぷり入っていて、下に具材が沈殿していました。

    うわずみのラー油の部分は量が多く、ラー油だけ料理に使いたい場合にもぴったりです。

    下からすくってみるとフライガーリックフライオニオン、ごまなど歯ごたえの良い食材が溜まっていました。

    食べ応えのあるふりかけのような食感

    単品で食べるのもおいしいですが、ご飯と合わせてふりかけ感覚で食べるのがおすすめ。

    材料にはコチュジャンや粉末みそなどが入っているため、ご飯が進むようにしっかり味付けされています。

    アレンジ方法はいろいろ!

    食べるラー油はご飯以外にも、いろいろな料理と組み合わせて楽しむことができる商品です。

    餃子やラーメンチャーハンなどスタミナが付きそうなメニューから、冷ややっこうどんなどサラッと食べられるメニューまで、幅広いジャンルの料理と合わせられるそうです。

    カルディでは今回紹介した瓶おかずの他にも、様々な産地で作られたおいしそうな商品がありました。

    冷蔵庫に常備しておくと料理の時短になりますし、ちょっとしたご飯のおかずとしてもとっても便利です。

    ぜひチェックしてみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)

    このページのトップヘ