簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:


    今回はいつもの豚しゃぶを少しお洒落にいただく、デパ地下惣菜風アボカドソースのご紹介です。豚しゃぶは、ゴマだれやぽん酢をつけて食べてもおいしいですが、実はアボカドのクリーミーさもよく合います!
    アボカドの変色はレモン汁で防ぐので、色変わりの心配なく最後までソースを楽しめます。「時間はかけたくないけどお洒落な食卓にしたい」、そんなワーママさんの願いをかなえるレシピをぜひお試しくださいね

    潰して混ぜるだけのアボカドソース

    【材料】
    豚肉しゃぶしゃぶ用) 200g
    たまねぎ 1/2個
    アボカド 1個
    ブラックペッパー 適量
    A:マヨネーズ 大さじ1
    A:レモン汁 小さじ1
    A:おろしにんにく 小さじ1/2
    A:塩 ひとつまみ

    【作り方】

    1. 鍋にお湯を沸かし、沸騰したら豚肉をさっと茹でて湯切りする。
    2. たまねぎは薄切りにし、5分ほど水にさらして水切りする。
    3. アボカドは種を取り除き、皮をむいてフォークで潰し、Aを加えて混ぜ合わせる。
    4. 器に(1)、(2)、(3)を盛りつけ、あればソースブラックペッパーを散らして完成。

    たまねぎしゃぶしゃぶ肉で包み、アボカドソースをつけてお召し上がりください♪ 豚しゃぶ以外にも、焼き野菜に添えたりバゲットにのせたり、活用法は無限大です♪

    アボカドはデトックス効果も!

    平成27年の国民健康・栄養調査結果の概要より、10代から40代は食物繊維の摂取量が特に少ないことがわかっています。食物繊維は摂取が難しい栄養素ではありますが、「第六の栄養素」として注目されています。そんなときに活躍するのがアボカドです!

    アボカドはクリーミーでおいしいだけでなく、腸内のお掃除をしてくれるデトックス効果も期待できます。その効果を発揮してくれるのが「食物繊維」であり、その含有量はごぼう1本分と同じくらいなので驚きですよね。最近では子どもにも珍しくない便秘の予防・改善におすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね

    おいしいアボカドの選び方

    アボカドは、皮の全体にツヤとハリがあるものがおすすめです。触ると弾力があるものが食べごろで、真っ黒で皮にシワがあるものは、熟しすぎている場合もあるので要注意。

    しかし、スーパーで出回っているアボカドの中にはまだ固くて食べられないアボカドしかない場合もあります。そんなときは常温で放置しておくことで完熟させることができます。夏はそのまま室温で、冬は暖かいところに置いておくことで早く熟します。

    また、りんごバナナなどと一緒に袋に入れると、エチレンガス(野菜や果物の成長を促すホルモンの一種)を発生させるので、さらに早い完熟を期待できます。ぜひお試しくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)




    丸亀製麺の期間限定メニューのうま辛担々うどんを本気で再現してみましたっ!



     とってもおいしそうな担々(たんたん)うどんのレシピ動画が投稿されました。毎回そこからやるのか感が半端ないクッキングSパパさんの本気シリーズ。今回もうどんをこねるところから始めます。

     丸亀製麺のうま辛坦々うどんがおいしかったので、自分なりに再現したそうです。あごと昆布でだしを取り、うどんも自らこねます。

     香味ラー油を作ります。ネギ、ニンニクショウガ、花椒(かしょう)、八角、陳皮(ちんぴ)を油で10分加熱し、鷹の爪、韓国唐辛子と混ぜます。

     ごまペーストも自作します。いりごまを電動ミルに何回かに分けて入れます。合計5分程度でごまペーストになりました。

     このあとかつおの削り粉や濃厚なだし汁、ゆでほうれん草と作っていきます。工程が深すぎて、何を作っていたのか見ていて忘れてしまいます。

     うどんは、パスタマシンで3ミリ幅に。丸亀製麺を意識して90センチ弱と長めの麺にしました。

     バター小麦粉、牛乳でルー状にします。そこにごまペーストと粉チーズを入れ、だしとしょうゆ、塩を加えてスープにします。

     肉みその味付けはトウバンジャンショウガです。

     うどんスープ、肉みそ、ほうれん草かつおの削り粉、香味ラー油をかけて完成です。めっちゃおいしそう!

     手作りの坦々うどんは、ごまの香りと打ちたてのうどん素晴らしいそうです。うどんの後は、塩おにぎり+ネギトッピングでも楽しみました。

    視聴者コメント

    おいしそう
    見た目再現度高い
    やべぇよやべぇよ、うまそうすぎる
    うまそう!
    美味しそう



    (出典 news.nicovideo.jp)




    ヘルスコンシャスな人たちの間で今じわりと人気上昇中のスパイスターメリック」をご存知ですか? 実は二日酔い予防で有名な「ウコン」と同じスパイスなんです。「インディアンサフラン」とも呼ばれ、カレーの主原料のひとつでもあります。
    今回は美容と健康に嬉しいターメリックの魅をご紹介します!

    [料理の隠し味やドレッシングにも使える!ターメリックの嬉しい栄養とは?"]
    ターメリックの嬉しすぎる栄養とは?
    エイジングケアや美肌作りに◎
    ターメリックの黄色い色素成分は「クルクミン」と呼ばれるポリフェノール。このクルクミンがすごいのです。抗酸化作用が非常に高く、アンチエイジングや美肌作りを強力サポート! 新陳代謝アップ効果も期待できます。
    二日酔い予防
    クルクミンには肝機能をサポートする働きも。新年会など飲み会が続くこの時期にピッタリですね。
    抗菌作用
    クルクミンには高い抗菌作用も期待されています。空気が乾燥するこの時期はウイルスが発生しやすく、風邪やインフルエンザなどの感染症も心配ですよね。免疫力アップが期待されるビタミンCなどと一緒に積極的に取り入れ、体の中から抗菌作用を高めておくことが大切です。
    ゴールデンラテ」でオフィスでも手軽にキレイ!

    ゴールデンラテとは?
    ゴールデンラテ」とは、ターメリックミルクをあわせたドリンクのこと。「ゴールデンミルク」とも呼ばれます。
    ターメリックの鮮やかな黄色がミルクの乳白色とあわさることで、まさにゴールデンカラーに! 何だか縁起も良さそうですね。
    おすすめ商品
    筆者が愛飲しているのは、natoha「GOLDENLATTE」。沖縄県産のターメリックさとうきび汁、粗糖、糖蜜に、高知県産の生姜を合わせたパウダータイプのもので、国内産原料だけで作られています。気分に合わせて好みのスパイスを足すなど、アレンジもしやすいのが嬉しいポイント
    甘さ控えめなのでお料理にも活用できます。オフィスに常備しておけば、いつものコーヒーやあたためたミルクにちょっと足すだけで手軽に取り入れられますよ。

    エスニック料理だけじゃない!ターメリックの簡単活用術
    ターメリック特有の土臭い香りは加熱することで弱まります。お料理の色付けや、奥深い味わいをプラスしたい時に◎。
    衣類まな板などについてなかなか色が取れない時は、水洗いした後に日光にさらしておくと自然に色が消えますよ。
    ・牛乳や豆乳、アーモンドミルクなどとあわせた「ゴールデンラテ」にして。ミルクフォーマーで泡立てると簡単にカフェ気分に。
    バターココナッツオイルを塗ったトーストにちょっとまぶす。シナモンシュガーと合わせても◎
    バタータイムなどのハーブと合わせてオリジナルバターに。
    ・納豆にひとつまみ混ぜて。
    ・野菜炒めの隠し味に。
    揚げ物の衣に混ぜて。
    ・定番のカレーハヤシライスに混ぜて。
    ポトフやラタトゥイユなどいつもの煮込み料理に混ぜて。
    ・リエットやフムスなどのディップに混ぜて。
    ヨーグルトオリーブオイル、ビネガーと一緒に混ぜてドレッシングに。
    いかがでしたか? 「スパイス」と聞くとエスニック料理などちょっと珍しい料理に使うもの……と思いがちですが、いつもの飲み物や料理にちょっと混ぜるだけでOK。お酒好きの方はモチロン2019年はインナービューティー力を底上げしたい!という方はぜひターメリックを手軽に取り入れてみませんか?
     

    エスニック料理だけじゃない!ターメリックの簡単活用術


    (出典 news.nicovideo.jp)




    余った牛乳でホワイトソース作り!

    グラタンといえば、ちょっと手間がかかるなってイメージがあると思うのですが、実はホワイトソースの作り置きを作っておくと、それだけでかなり時短で調理ができます。

    まずはホワイトソースを作りましょう。休日や時間のあるときにあらかじめ作っておくと便利ですよ。また、牛乳の賞味期限が近いのに、まだかなりの量が残っているというときにもお勧めです。

    今回紹介するホワイトソースの作り方は、電子レンジで牛乳が余っている分量だけ作れるので、牛乳の余り方で調節できるところもおすすめです。

    作り置きホワイトソースの作り方

    【材料】(1人分)
    牛乳 100ml
    小麦粉 大さじ1
    バター 10g
    コンソメ 小さじ1

    【作り方】
    1.耐熱ボウルに小麦粉バターを入れ、600Wの電子レンジで30秒加熱する。

    2.(1)を電子レンジから取り出し、スプーンでよく混ぜながら牛乳、コンソメを少しずつ加えて練る。この時ダマにならないように、牛乳を一度に入れないようにする。

    3.(2)をもう一度600Wの電子レンジで1分加熱をする。

    4.(3)を再びスプーンでよく混ぜ、600Wの電子レンジで1分加熱し、再びスプーンでよくかき混ぜる。

    ホワイトソースはジップロックに入れて冷凍しておきましょう。ジップロックに入れるときは必要なだけ割って使えたり、早く解凍しやすかったりするので平たく凍らしておくのがお勧めです。

    作り置きホワイトソースをアレンジ!10分以内で作れるグラタンに

    それでは、いよいよ作り置きホワイトソースを使ってグラタンづくりの開始です。ホワイトソースは解凍して使っても凍ったまま使ってもかまいません。もし解凍するなら、冷蔵庫の中に入れて自然解凍を待つのもいいですね。

    キャベツとソーセージのタマトマグラタンの作り方

    【材料】(1人分)
    キャベツ 5枚程度
    ソーセージ 3本
    たまご 1個
    餅 1個
    トマト 3つ
    ホワイトソース 約200g

    【作り方】
    1.キャベツは千切りにし、餅は4分の1に切り耐熱皿の中に入れる。

    2.解凍したホワイトソースを詰めて、トマトソーセージを入れ、たまごを割り入れる。

    3.魚焼きグリルで焦げ目がつく程度に焼く。

    今回はキャベツソーセージのタマトマグラタンでしたが、材料は冷蔵庫にあるものなんでもかまいません。特にそのまま食べても問題のない、ハムやトマト、ツナ缶などを使うと加熱時間がほとんど必要ないので時短になります。

    ホワイトソースは解凍して使うと時短になりますが、そのまま使っても加熱と同時に溶けるので、急に思いついたなどの場合は、そのまま使ってもかまいません。餅やご飯、パンなどの炭水化物を入れると腹持ちもよくなるので、これだけで十分1食になります。必要な分だけパパっと作ることができるので、ぜひ作ってみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)





    サンドイッチチェーンサブウェイ」には、サンドイッチメニューしか置いていないと思っていませんか?

    実はこんなメニューもあるんです。

    通常のサンドイッチと比較

    そのメニューとは、「サラダ」のこと。


    どういうこと? と思う人も多いかもしれませんが、実はサブウェイでは、レギュラーサイズサンドイッチ価格に300円(税込)プラスすると、パンを除いた中身だけ=サラダにしてくれるんです。ダイエットや糖質制限をしているという人には嬉しいメニューです。

    「でもパン抜きなのにプラス300円って高くない?」と、ちょっとケチな考えをしてしまった東京バーゲンマニア編集部。そこで実際にどんなものなのか注文してみることにしました。

    今回注文したのは、「BLT」のサラダ。量を比較するため、「BLT」のサンドイッチも一緒に注文してみました。


    レタスの量は約7倍!

    いざ見てみると、ものすごい量。分かりやすくするため、サンドイッチの中身を黒いお皿に移してみました。左がサンドイッチの中身、右がサラダです。こう見ると、プラス300円はかかったものの、損した感はありません。ちなみにレタスサンドイッチの約7倍の量が入っているのだそう。また、トマトピーマンオニオンは約2倍、ニンジンは無料でトッピング可能で、こちらも通常量の約2倍となっています。



    黒いプラスチック容器のサイズは、縦横約20センチ、深さ(蓋は除く)約4.5センチ。もちろん底上げなどはされておらず、容器いっぱいにサラダが入っています。サンドイッチ同様、野菜のカスタムも可能です。

    下まで野菜がぎっしり...!

    1人で思う存分サラダを摂るもよし、シェアして食べるにも十分な量です。

    公式サイトにも「サラダメニュー欄があるので、裏メニューというわけではないのですが、意外に知らない人も多い模様。よくサブウェイに行くという同僚に聞いてみると「知らなかった! にわかファンなのかも...」と驚いた様子を見せていました。

    一部の期間限定・店舗限定のサンドイッチサラダの対応ができない場合がありますが、頭の片隅に入れておくと、無性に野菜が食べたい時とか...役立つかもしれませんよ!

    今回はバジルソースをかけて頂きました!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ