簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:


     今回は豆腐の栄養と効果について書いていきます。

    豆腐のカロリー
    豆腐は一般的に絹ごし豆腐と木綿豆腐の2種類が売られていると思いますが、食べた時の滑らかな食感が特徴的な絹ごし豆腐は1丁で約150キロカロリー、木綿豆腐の場合は1丁で約200キロカロリーとなっています。

    凝縮して作られている木綿豆腐の方が、絹ごし豆腐よりも食べ応えがありますが、カロリーで見てみると絹ごし豆腐の方が低カロリーとなっています。

    豆腐の1日の目安量
    柔らかくて食べやすい豆腐は、気が付いたらたくさんの量を食べてしまいがちの食品となっています。

    豆腐はいろいろ栄養素も含まれていて美容にも良い食品となっていますが、1日に食べる目安量としては約110g~140g、1/3丁~1/2丁程度が適量だといわれています。

    豆腐に含まれている栄養素
    豆腐にはたんぱく質をはじめ、豆腐の脂質に含まれているリノール酸や、豆腐の甘みの元となっているオリゴ糖、大豆イソフラボン、カルシウムビタミン類も多く含まれています。

    豆腐に含まれているイソフラボンは基礎化粧品などにも多く使われており、女性の美容に関係の深い成分となっています。


    豆腐に含まれる栄養素別、期待できる効果


    たんぱく質
    ・身体を作る
    たんぱく質は、身体を作るために大切な役割を担っています。臓器や筋肉、髪の毛や爪などの組織を作るために必要です。また、たんぱく質は血管を強くするため、脳出血などの予防になります。そして、たんぱく質を摂取することによりコラーゲンの力で、肌をキレイにする効果が期待できます。

    ・免疫力を高める
    たんぱく質は、外から侵入してくるウイルスなどの異物から身体を守る働きをします。身体を守るために抗体の力が必要ですが、抗体は身体に入ってくる異物を排除してくれます。たんぱく質には、この抗体の働きを助ける役割があります。抗体の働きが活発になれば、免疫力がアップします。

    高血圧予防
    たんぱく質には、余分な塩分を排泄してくれる働きがあります。その働きは、塩分の摂りすぎが原因のひとつである高血圧の予防に効果が期待できます。

    ●サポニン
    ・肥満予防
    サポニンには脂肪の蓄積を抑え、吸収を抑制する働きがあります。ブドウ糖が腸内で脂肪と合体しないよう働きかけることで、脂肪を蓄積させないようにします。このため、肥満予防の効果が期待できます。

    コレステロールの値を下げる
    サポニンは、血中の悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。血中の悪玉菌が増えると、コレステロールが多くなってしまいます。また酸化により、血液がドロドロの状態になってしまうと酸素や栄養が身体中に行き届かなくなり、動脈硬化の原因につながります。豆腐を食べることでコレステロール値を下げられる効果が期待できます。

    ・免疫力を高める
    免疫力は、外から体内に入ってくるウイルスなどの異物を退治してくれる力です。サポニンには、この免疫機能に重要なNK細胞の活性化を助ける働きがあります。そのため、免疫力が高まり風邪などにかかりにくくなる効果があります。

    ・肝機能を高める
    サポニンには、老化や動脈硬化を引き起こす原因である過酸化脂質の生成を抑える働きがあります。肝臓にたまった中性脂肪コレステロールは、活性酸素によって酸化されると、過酸化脂質になってしまいます。この過酸化脂質が増えることで肝機能の働きが悪くなりますが、サポニンを摂取することで肝機能を高める効果が期待できます。



    ●イソフラボン
    ・更年期障害の緩和
    イソフラボンは、女性ホルモンと働きが似ています。そのため、更年期障害で悩んでいる人、または更年期障害予防のために意識して摂取するとよいとされます。女性ホルモンが減ることによって現れる更年期障害ですが、イソフラボンを摂取することにより、症状を緩和し、改善してくれる効果が期待できます。

    骨粗鬆症の予防
    加齢によりエストロゲンが減少すると、骨にカルシウムが蓄えられなくなってしまいます。そうなると骨密度が低くなり骨が脆くなります。イソフラボンにはエストロゲンの分泌を促進し、骨にカルシウムを蓄えるようにする働きがあります。骨粗鬆症は高齢者でなくても無理なダイエットなどで若い女性でもなることがあります。生活習慣を正し、イソフラボンを意識して摂取することで骨粗鬆症の予防効果が期待できます。

    ・美肌効果
    エストロゲンは女性らしい身体や美しい肌を作るのに大変重要な役割を果たしています。加齢や生活習慣の乱れによりエストロゲンが減ると、コラーゲンが減り肌の弾力が失われます。また、肌の潤いに大切なヒアルロン酸の生成も低下し、しわや肌のたるみが目立つようになります。豆腐に含まれるイソフラボンを摂取すると、女性らしい身体や肌を保つ効果が期待できます。

    ビタミンE
    ・老化防止
    細胞の酸化を防ぐビタミンEは老化を予防する若返りビタミンと言われています。40歳以降になると、血液の中にある過酸化脂質が急増し、細胞が酸化されて老化が進みます。ビタミンEが持つ抗酸化作用によって、細胞の酸化を抑制することで老化予防に効果が期待できます。

    ・生活習慣病予防、改善
    ビタミンEが持つ抗酸化作用は、細胞を酸化することを防ぐ働きがあります。その働きは、血液中のコレステロールが酸化され、血管壁にこびりつくことによって起こる動脈硬化を防ぎます。豆腐に含まれているビタミンEが、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐことで血液をきれいに保って生活習慣病の予防や改善に効果が期待できます。

    ・血流改善
    ビタミンEは過酸化脂質を分解する働きがあるため、血液がドロドロになるのを防ぎます。また、毛細血管を拡げる働きがあるので血流を改善し、肩こりや冷え性を予防・改善してくれます。

    ・美肌効果
    ビタミンEによって血流が改善すると全身に血液が流れ、細胞が活発になり、新陳代謝を繰り返すことになります。その働きは肌にハリやツヤが生まれる効果が期待できます。

    カルシウム
    ・骨や歯をつくる大切な栄養素
    骨や歯を作るために必要な栄養素のカルシウムは、身体に吸収されにくいのですが豆腐にはたんぱく質が豊富に含まれているため吸収率が良くなります。また、カルシウムは心の安定を保つ役割もあります。

    豆腐の驚くべき効果効能


    (出典 news.nicovideo.jp)





    新型コロナウイルス対策などで最近は、もっぱら「自宅カフェという人も多いと思います。コーヒーのお供として、美味しいケーキが簡単に作れたら気分も上がりますよね。

    いまSNSを中心に、簡単で失敗なし、何より美味しくできるケーキキットが話題です。

    混ぜて焼くだけ

    商品は、無印良品で販売されている「自分でつくる ベイクドチーズケーキチーズを使ったしっとりとしてソフトな食感のチーズケーキが作れるキットです。


    卵・牛乳・バターは別途用意する必要がありますが、チーズケーキミックスアプリコットソース、焼き型がセットになっているため、チーズケーキを初めて作るという人にはおすすめです。


    大まかな手順は以下の通り。

    1.バター500wの電子レンジで50秒加熱します。

    2.ボウルに卵と牛乳、溶かしたバターを泡立て器で軽く混ぜたら、チーズケーキミックスを加えてやや白くもったりとするまで混ぜます。

    3.付属の焼き型に2を流し入れ、160℃のオーブンで約30分焼きます

    4. 焼きあがったら5cmの高さから1回落とし、アルミホイルを軽くかぶせて冷やします。

    5.冷めたら添付のアプリコットソースを表面に塗って、完成です。

    所用時間は50分(30分は焼き時間)SNSの口コミでは、

    めっちゃ簡単で、綺麗にできる」 「味のクオリティも高い」 「めちゃくちゃ簡単にできるのにめちゃくちゃ美味しい」 「簡単ですぐ作れて尚且つ失敗知らず

    と失敗せずに美味しく作れるといった声が多数見られます。

    価格は390。お休みの日は、自宅でケーキ作りを楽しんでみては?

    ※画像は公式サイトから。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    豚肉は疲労回復の救世主

    体がいつもダルい、疲れやすい、疲れがとれない…そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?その原因は、ビタミンB群不足であることが考えられます。

    筋肉をはじめとした体の組織を動かすときにエネルギーとなるのは、アデノシン三リン酸(ATP)と呼ばれる物質です。そして、ATPを細胞の中で生み出すシステム「TCAサイクル」の働きに欠かせないのが、ビタミンB群なのです。つまり、ビタミンB群が不足するとエネルギーが体内で必要十分量が作られなくなるため、体をスムーズに動かすことができなくなってしまうのです。当然、疲れもとれにくくなってしまいます。

    こういったメカニズムがあるため、リカバリー効果が高いといわれる血流を改善するマッサージや入浴をしたとしても、ビタミンB群不足であれば、その効果は半減してしまいます。有効なのは、ビタミンB群を豊富に含む、豚肉をとること!豚肉には糖質の代謝を促すビタミンB1をはじめとしたビタミンB群がバランスよく含まれた食品です。おすすめは、とんかつです。添えつけのキャベツもたっぷりと。これで、ビタミンB群の代謝をよりスムーズにすることができます。

    ビタミンB群を摂取してTCAサイクルを活性化

    TCAサイクルが活性化されていないと、3大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)が体のなかで効率的に使えなくなります。ビタミンB群はTCAサイクルの活性化には必須。日頃から肉、野菜をバランスよく食べるようにしましょう。

    なんとなく体がダルいのはビタミンB群不足かも!◯◯を食べて疲労回復しよう


    (出典 news.nicovideo.jp)




    レモネードと聞いて、私の頭に浮かぶのは、ピッチャーになみなみと注がれた姿です。

    レモネードならやはりそれくらい、たっぷりと量があるのが望ましい姿に思えます。

    でも、ピッチャーをなみなみと満たす量のレモネードを作るには、大量のレモンが必要です。

    知ってほしい、安価な万能食材「レモン」の活用術

    でも大丈夫レモンが1個あれば、グラス1杯分の完璧なレモネードを作るのに十分です。

    たしかに、レモネードづくりには、レモンだけでなくプレーンなシロップも必要です。けれども、レモンは1個で大丈夫シロップがない場合は、自作すればいいのです。

    シロップの作り方

    手間は同じなので、シロップは大量に作ることをおすすめします。

    上白糖2カップを2カップの熱湯に入れ、砂糖がすっかり溶けきるまでかき回します。

    Push パールエース印 上白糖 1kg

    194円

    冷めるまで少し置いたら、シロップを保存用のビンに入れ、冷蔵庫で保管しましょう。

    このシロップがあれば、レモネードを作る時だけでなく、アイスコーヒーアイスティーに甘みを加えたい時にも使えます。

    もちろんカクテルや、意外なところではソースやサラダのドレッシングにも使えます。とにかく、手元にあって損はないはずです。

    さて、プレーンなシロップさえ出来上がれば、面倒な行程はこれで終わりです。

    これで、いつでも好きな時に、グラス1杯分の完璧なレモネードを作る準備が整いました(レモンが1個手元にあれば、という条件はつきますが)。

    特別な道具は何も必要ありません。手で搾れば良いからです。とはいえ、手動のジューサーがあれば、果汁を搾る作業が少し楽になるでしょう。

    グラス1杯分のレモネードのレシピ

    材料:

    レモン:1個 プレーシロップ:大さじ1と1/3 冷水:1と3/4カップ お好みで:カクテル用のビターズ(苦味をつけるリキュール)ショウガの甘酢漬け、または生のミントの葉

    作り方:

    1個分のレモン汁を、グラスに搾り入れます。 シロップと水を入れてかき回し、味見をします。もう少し甘いほうが好みなら、シロップを小さじ1/2だけ足しましょう。 お好みで、カクテル用のビターズを入れてシェイクしたり、ショウガの甘酢漬けを加えたりしたら、もうひと混ぜしてから、氷を入れて冷やします。

    あとは、完成したレモネードをすすり、爽快な気分を味わうだけです。もしまだレモンが残っていれば、もう1杯レモネードを作るのも良いでしょう。

    Push 希望の島 レモン 1kg 家庭用 小玉~中玉 残留農薬ゼロ 国産 愛媛 中島産 お試し

    2,160



    (出典 news.nicovideo.jp)




    SNSでも話題の「#水玉スイーツ」。暑さが厳しいこれからの季節は、水玉ゼリー作りを楽しんでみませんか? 今回は、コーヒーフロート風・水玉コーヒーゼリーの作り方をご紹介します。
    ○材料(200ml程度のカップ4個分)

    バニラアイス 適量
    (水玉用ゼリー)
    ・牛乳 200ml
    ・粉ゼラチン 5g
    ・水 大さじ2
    (コーヒーゼリー)
    ・粉ゼラチン 10g
    ・水 600ml
    インスタントコーヒー 大さじ5
    ・砂糖 大さじ4

    ○作り方

    1.水玉用ゼリーから作ります。耐熱容器に水を入れ、粉ゼラチンを振り入れてふやかし、電子レンジ(600W)で20秒加熱する。

    2.耐熱ボウルに牛乳を入れ、1を加えてよく混ぜ、バットなどに流し、薄い板の状態にして冷やし固める。固まったらセルクル型などで丸く型抜き、グラスの側面に貼り付けておく。

    3.コーヒーゼリーを作ります。鍋に水を入れて火にかけ、沸いたらインスタントコーヒー、砂糖を加えてよく混ぜ、粉ゼラチンを振り入れてよく混ぜる。粗熱を取り、2のグラスに注ぎ冷蔵庫冷やし固め、固まったらバニラアイスをトッピングする。




    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ