簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:


    体も心も温まるトマトチーズ鍋!パパっと作れる付け合せも | ニコニコニュース



    カンタンなうえに栄養もとれる鍋料理は、冬場の主役料理といえるが、自宅で作れば似たようなレシピに偏りがちになる。そこで、フードコーディネーターの黒田祐佳さんイチ押しの、心も体もポカポカに温めてくれるトマトチーズ鍋をご紹介。付け合わせも含めて、お試しあれ。

    ■ トマトとチーズのハーモニーを楽しめるイチ押しレシピ「トマトチーズ鍋」

    <材料(1人分)>

    塩こうじ鶏団子…7個、キャベツ…1/10個、タマネギ…1/2個、ニンジン…1/3本、トマトの水煮(缶詰)…120g、シュレッドチーズ…50g、水…80ml、鶏ガラスープの素…小さじ2、塩…ひとつまみ、黒胡椒…適量、パセリ…好み

    <作り方>

    1.トマトの水煮を手でつぶしながら鍋に入れ、水で溶いた鶏ガラスープの素と塩を加える。

    2.ひと口大に切ったキャベツ、繊維に沿って垂直にスライスしたタマネギ、輪切りにしたニンジン、丸くした塩こうじ鶏団子を並べ、シュレッドチーズを散らす。

    3.弱めの中火で焦がさないように15分程度煮立て、具材に火が通ったら仕上げに黒胡椒をかけ、好みで刻んだパセリを散らす。

    トマトとチーズの組み合わせは絶妙。作り方もカンタンなのでぜひお試しあれ。

    ■ トマトとチーズ鍋といっしょに食べたい付け合わせレシピ

    ■キャベツとレタス、ツナのコールスロー

    <材料(1人分)>

    キャベツ…1/10個、レタス…2枚、ツナ(油漬け)…1缶、クミン…小さじ1/2、ドレッシング(塩…小さじ1/4、白ワインビネガー…小さじ2、ハチミツ…小さじ1、オリーブオイル…大さじ2)

    <作り方>

    1.キャベツとレタスを太めの千切りにする。

    2.ボウルに1とツナ、クミンを入れ、ドレッシングであえる。

    ■マグロとアボカドのワサビ醤油あえ

    <材料(1人分)>

    アボカド…1/2個、マグロ…80g、ワサビ…小さじ1、醤油…小さじ1、小ネギ…1本

    <作り方>

    1.アボカドとマグロをひと口大に切り、ワサビと醤油を合わせたものであえる。

    2.皿に盛り、小口切りにした小ネギをのせる。

    色々な具材の組み合わせを試せる鍋料理。足の早い野菜や余った食材は、鍋の具材にしてしまおう。中でも、「トマトチーズ鍋」はさまざまな材料と相性抜群。冷蔵庫の中にある食材や好みの野菜を追加して、自分だけのアレンジを加えるのも楽しいかも。

    塩こうじ鶏団子に、キャベツやニンジンなど野菜もたくさん食べられる、トマトベースの鍋。チーズでコクをプラス


    (出典 news.nicovideo.jp)



    来年ヒット確実!? 食べる最前線“フーディー”が選ぶひと皿はどれだ? | ニコニコニュース



    毎年恒例になりつつある、ぐるなび総研の「今年のひと皿」。2017年は「鶏むね肉料理」が選ばれました。鶏むね肉の高たんぱく質・低脂肪という特徴が選ばれた理由です。高たんぱくでおいしい肉はほかにいくらでもありますが、「脂質が少ない」=太りにくい=ヘルシーであることが評価されました。

    キーワードは“ギルティーフリー”

    この「ひと皿」からも見えてくる食のキーワードは「ギルティーフリー」(食べても罪悪感のない食)。「ギルティーフリーのスイーツ」「ギルティーフリーのつまみ」など、最近目にするワードですね。おいしいものをおいしく楽しく食べるためには、単に美味しいだけではダメ。低脂質、低糖質、だから太らない、ヘルシー!という罪悪感からの解放感がマストになってきました。

    さて、来年来そうな食のトレンドは?11月に東京と大阪で開かれた外食産業向けの展示会「ケンコーマヨネーズグループ総合フェア」で探ってきました。

    “フーディー”たちが注目する食のトレンド

    「あなたは“フーディー”?」と聞かれてすぐ答えられる人は、食にも健康にもギルティーフリーにも関心の高い方だと思います。

    フーディー=foodies 食に関心の高い人を差す言葉です。アメリカ生まれで、ご当地ではすっかり定着、最近ではフーディーがテーマのドラマも製作されているそうです。

    foodiesは単に「食通」と訳されてしまうこともありますが、「グルメ」とはかなりニュアンスが違います。グルメはおいしいものを求める食通であるのに対し、フーディーはヘルシーともギルティーフリーとも両立する食通と言えるでしょう。本場アメリカのフーディーたちは、オーガニックや環境にも関心が高いと言われています。味だけでなく、食を通して健康と人生を考える、そんな人たちのようです。

    「もうすぐ日本でも、“フーディー”がキーワードになると思います」(ケンコーマヨネーズグループ広報)。気になったフーディー向けメニューをいくつかご紹介しましょう。ヘルシーでありギルティーフリーであり、そして見逃せない、もうひとつのキーワードは「ベジセントリック」でした。その意味するところはVegetable Centric 野菜中心主義!です。

    “ベジセントリック”な「5色で魅せる スモーガストルタ」

    セレブ派フーディーのパーティー向けサンドイッチです。

    野菜中心の食事と言ってもストイックなものではなく、お肉やお魚も食べつつ、おいしい野菜を多めに摂るというイメージです。この言葉が生まれたアメリカでは、地産地消、オーガニックなどのこだわりを持った野菜を調理するレストランも増えてきています。

    “インスタグラマブル”な「SALADA RICE BAR 」

    野菜とフルーツを生春巻きの皮で包んだバータイプのサラダ。

    見るからにインスタ映えをねらっていますが、これを英語で「インスタグラマブル」(instagramable)と言います。日本ではすでに「インスタ映え」という言葉が定着していますが、食の世界では「インスタグラマブル」、果たしてこの言葉は流行するでしょうか?

    “ラクト・オボ・ベジタリアン”な「カラフルベジタブルラテ」

    牛乳、豆乳、アーモンド、ミルクをベースにした色とりどりの野菜ラテ。

    ラクト(lacto)とは乳製品、オボ(ovo)はポルトガル語で卵のことです。ベジタリアンの中には肉、魚のほか、卵も牛乳もハチミツも一切食べない人もいますが、牛乳や卵は食べるのが「ラクト・オボ・ベジタリアン」。欧米のベジタリアンの多くはこのタイプだそうです。 ちなみに写真中央の黒っぽいラテには炭が入っています。脱臭剤などで重宝される炭ですが、その特性はごく微細なものを吸着する力。これを食材に応用すると、体内の余計なものを吸着させる。デトックス効果が期待できるのだそうです。

    野菜をおいしく、かつカロリーバランスも取れるようにと考案されたベジセントリックなメニューの数々。試食したところ、まさしくベジセン!でした。

    インスタグラマブルでベジセンのカフェメニュー?

    会場内で目を引いたインスタグラマブルなメニューを紹介します。ギルティーフリーでベジセントリックで、もちろんおいしい……そんな欲張り女子向けのカフェメニューも提案されていました。

    “低糖質”食材をトッピングした「3色のベーグルピザ」

    赤はツナとトマト、緑はパクチー、白はサワーコールスローをふんだんにトッピングしたベーグルピザ。

    女子会のおつまみにもなるバケットサンド

    ベジセントリックかつお腹満足、かつワインにも合いそうな「ブロッコリーとアリオリポテトのブッシュ・ド・バゲット」。

    来年の注目食材は“厚揚げ”!?

    ヘルシーで腹持ちよく、しかも低価格な厚揚げをベースに明太子やレンコンを組み合わせた「厚揚げのっけて焼き」。これまでおかず、つまみ系だった厚揚げがいよいよカフェデビュー?

    来年どこかで出合えるか?こんなおやつを食べてみたい!

    外食おやつ部門にも、目を引くメニューがありました。おやつなのに食事の代わりになる「たい焼き」くん。また、近ごろ多いカラフルフードはいよいよ彩り豊かにレインボーカラーにまで成長。来年も「レインボーフード」が楽しみです。

    たい焼きが主食に?

    昔ながらの庶民のおやつ、たい焼きくんがバーガーに! ハンバーガーと目玉焼きをサンドした「ボリューム満点! ロコモコたい焼き」。ん?ギルティーフリーじゃない?いえいえ、そば粉入りの皮でヘルシー志向のたい焼きです。

    たこ焼きがレインボーフードに?

    色とりどりの「レインボーフード」がトレンドですが、こちらは7色のマヨネーズでトッピングされたたこ焼き。ん?コテコテ?ちっともギルティーフリーじゃない? たこ焼きですから!

    気になるメニューはありましたか?さて来年、フーディーたちの注目と人気を集めるのはどんなメニューでしょうか!? 



    (出典 news.nicovideo.jp)



    【超簡単レシピ】家で作れる、缶詰の味をはるかに超える感動の自家製ツナ | ニコニコニュース





    サラダやパスタなど幅広い料理に大活躍のツナ。数ある缶詰の中でも定番のツナ缶ですが、実はこのツナ、意外と簡単に作れるんです。しかもその味は缶詰をはるかに超えるおいしさ! 今回は家庭でも簡単に作ることができるツナのレシピをご紹介しましょう。




    材料
    まぐろの刺身:1柵
    にんにく: 2かけ
    ローリエ:2〜3枚(タイムやローズマリーでもOK!)
    粒胡椒:10粒ほど
    オリーブオイル:適量
    塩:小さじ1

    作り方


    1、まぐろに塩を満遍なくふり、ラップをかけて40分〜1時間ほど冷蔵庫に入れておきます。



    2、キッチンペーパーでまぐろから出た水分を拭き取ります。



    3、鍋にまぐろ、にんにく、ローリエ、粒胡椒を入れて、材料がひたひたになるまでオリーブオイルをたっぷり注ぎます。最初は中火で加熱し、オリーブオイルがポコポコしてきたら極弱火にして30分程度煮ます。



    4、火を止めて鍋をコンロから外し、材料を入れたまま自然に冷まします。



    5、冷めたらまぐろをオリーブオイルと一緒に容器に移し替えて、冷蔵庫に入れて保存。



    6、お皿に入れてほぐせばツナの完成! 缶詰のものと比べると、しっとり柔らかく旨味が濃厚。粒胡椒やにんにくの香りも格別のアクセントに。缶詰でも十分おいしいツナですが、手作りするとツナの概念を覆されるほど感動の味わいを楽しめますよ!



    玉ねぎサラダも自家製ツナを使えば、ワンランク上のおいしさに。ツナを煮たオリーブオイルをかけることで、風味や旨味もさらにアップ。

    今回のレシピのツナは1週間程度は保存可能。いつもの料理がより贅沢な味わいになる自家製ツナ。おもてなしやホームパーティーでも喜ばれること間違いなしです!

    [Photos by Nao & shutterstock.com]
    【超簡単レシピ】家庭で超簡単に作れる!缶詰の味をはるかに超える感動の自家製ツナ


    (出典 news.nicovideo.jp)



    「小籠包をまるごと食えという山岡士郎の教えは間違い」投稿が話題に…どう食べるのが正解? | ニコニコニュース



     SNS上で先日「小籠包の正しい食べ方」が話題となりました。投稿者は人気漫画「美味しんぼ」の主人公・山岡士郎のセリフ「丸ごと口に入れるのが一番美味しい味わい方です。こうしてとがった部分が舌の上に来るように逆さに口に入れてかむ……」を引き合いに「これ前にブログにも書いたけど小籠包をまるごと食えという山岡さんの教えは間違いで、中国でもまるごと小籠包食うヤツはいなくて齧(かじ)って啜(すす)ってから食うもの」「みんな小籠包吸ってから食べたほうがいいよ美味しさ変わんないから」とツイート。すると「料理漫画を鵜呑みにしてはいけない」「舌火傷したら味どころではなくなる」などの声が上がりました。

    肉汁がたっぷりのスープを味わう

     料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんによると、小籠包の正しい食べ方は以下の通りです。

    1.小籠包を酢醤油に付けてレンゲにのせる

    2.箸で皮を破ってスープを出し、先にスープを飲む 

    3.千切りにしたショウガをのせ、小籠包を食べる 

     こうして食べるのは、小籠包とはそもそも、肉汁たっぷりのスープを味わうのが醍醐味の料理であることと、口の中をやけどしないようにするためです。

    【レシピ編】小籠包の基本的な作り方

     小籠包(20個分)の基本的な作り方も聞きました。

    【生地を作る】 

    <材料>
    強力粉120グラム、薄力粉30グラム、サラダ油小さじ1/2、塩少々

    <作り方>
    粉をボールに入れ、サラダ油、塩を加えて、水80ccを少しずつ足しながら全体をむらなく合わせていく。ひとまとめにして、台の上でつぶしては折り返し、滑らかな生地になるまでしっかりとこねる(水分が足りない場合は調整する)。ラップに包んで30分寝かせる(生地が伸ばしやすくなる)。

    【スープを作る】 

    <材料>
    鶏ガラスープ250cc、粉ゼラチン8グラム

    <作り方>
    温めた鶏ガラスープ150ccにゼラチン(大さじ2の水でふやかしておく)を加えて溶かし、あら熱を取って冷蔵庫で冷やし固める。固まったらフォークの背でつぶし、細かくクラッシュしておく。鶏ガラスープの残り100ccは「あん」に使う。

    【あんを作る】 

    <材料>
    豚ひき肉300グラム、おろしショウガ小さじ2、醤油小さじ2、塩小さじ1、砂糖大さじ1、コショウ適宜、ごま油大さじ1

    <作り方>
    豚ひき肉に塩、醤油、砂糖を入れて粘りが出るまでよく混ぜ、残りのスープを少しずつ加えて吸い込ませる。おろしショウガ、コショウ、ごま油、固めてクラッシュしたスープを加えて全体を混ぜ、冷蔵庫で1時間程度冷やす(あんを安定させ包みやすくするため)。

    【成型~蒸す】

    台に打ち粉(分量外の強力粉使用)をしたら、生地を直径2センチの棒状にし、10グラムの大きさに切る。切った断面を上にして打ち粉をし、親指で押しながら平らにする。麺棒を使って生地に打ち粉をしながら直径7~8センチに薄く伸ばす(中心は厚め、外側は薄めに)。あん25グラムをスプーンで生地の中心にのせ、端を引っ張りながらギャザーを寄せるようにすぼめて包む。オーブンシートを敷いたせいろに間隔をあけて並べ、蒸気が上がった蒸し器に入れて強火で7~8分間蒸す。

    【つけダレを作る】 

    <材料>
    酢、醤油、ショウガ適量

    <作り方>
    酢と醤油を合わせる。ショウガを細切りにする。

    小籠包はどう食べるのが正解?


    (出典 news.nicovideo.jp)



    地方新聞社が選んだ、あなたが知らない日本全国地元グルメおすすめ12選!【お取り寄せ】 | ニコニコニュース





    国内旅行に出たとき、一般的に有名な食やお土産で満足して帰ってきてしまうことが多いもの。でも、日本各地にはまだまだ私たちの知らない美味しいものがあります。

    私たちが知る機会のなかった日本全国の地元グルメを、「こんなのあるんだ!大賞2017」として各地の地方新聞社が自信を持ってオススメしてくれています。地元グルメを自宅で楽しむ旅に出てみましょう。

    【青森県】サバディップ カレー味|噂の「サバカレー」が気軽に食べられる

    (C)PR TIMES

    相性抜群のカレーと鯖の鯖ディップ。ごはん、パスタ、ピザ、パン、野菜スティックなどに。


    みんなが好きなカレー味!
    マジDE旨い!サバディップ カレー味(120g)

    販売価格 :600円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/saba-marukane/goods/detail/10109349/
    推薦新聞社:デーリー東北新聞社

    【青森県】大間漁師の塩うに|ムラサキウニと塩だけ。シンプルだから美味。

    (C)PR TIMES

    塩ウニの原材料はムラサキウニと食塩だけで、添加物なし。濃厚な旨味を楽しめます。ごはんのお供、酒のアテにも。


    塩ウニ60g |大間漁師の塩うに 瓶詰め 青森県大間産ムラサキウニ ビンづめ

    販売価格 :1,950円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/03M-000057vft/goods/detail/10098941/
    推薦新聞社:東奥日報社


    【福島県】Cozy Beauty 01:Intense|甘酒ドリンクでますます綺麗になる

    (C)PR TIMES

    「もち米」と「米こうじ」だけでつくった無加糖・ノンアルコールの甘酒。水、サイダー、牛乳と割って飲んでも良いし、お菓子の甘味、肉の漬け込み、カレーなどの煮込み料理、パスタの隠し味にも。


    Cozy Beauty 01:Intense(コージィ ビューティ) 3個セット(1個200g)

    販売価格 :1,960円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/09M-000034/goods/detail/10112713
    推薦新聞社:福島民報社

    【栃木県】VACA DULCE ドルセ・デ・レチェ|うしろめたいほど濃厚なレチェ

    (C)PR TIMES

    ヨーグルトやミルクで有名な那須千本松牧場のプロダクツ。牧場産低温殺菌牛乳を100%使用、じっくりと4時間煮込んだ「キケンな悦びに満ちた濃厚なスイーツ」 。キャラメルのような味わいを、フレンチトーストやアイスクリーム、フルーツ、カフェオレと供にどうぞ。


    VACA DULCE ドルセ・デ・レチェ

    販売価格 :1,080円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/senbonmatsu/goods/detail/10104668/
    推薦新聞社:下野新聞社


    【三重県】伊勢うどん あおさ付き|うどんがふわふわだっていいじゃないか

    (C)PR TIMES

    伊勢参りのお楽しみの、ふわふわの「伊勢うどん」。自宅で食べられます。真っ黒なたまり醤油タレもたまりません。


    伊勢うどん あおさ付き 8食セット

    販売価格 :3,030円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/21M-000064zmo/goods/detail/10108783/
    推薦新聞社:中日新聞社


    【岐阜県】ローズ餃子|女子力満点のバラ餃子 

    (C)PR TIMES

    岐阜県は「バラの生産地」で、皇太子妃雅子妃殿下をイメージした「ハイネス雅」や愛子さまをイメージした「プリンセスアイコ」も岐阜生まれのバラ。バラの花弁をイメージして作られた「ぎふROSE GYOZA」は、生姜とマッシュルームを使用。たれにはオリジナルのローズビネガーを使い、花弁に注ぐとバラの香りが立つ女子力満点の餃子。女子会でどうぞ。


    ぎふ ROSE GYOZA(ローズギョーザ)【生冷凍タイプ】薔薇の餃子 9個入り 3種のソース付き 

    販売価格 :1,250円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/23M-000051stm/goods/detail/10110573/
    推薦新聞社:岐阜新聞社


    【広島県】天然毛歯ブラシ『Oluma』|大切にしたい歯のために

    (C)PR TIMES

    広島の名産「熊野筆」プロデュースの天然毛歯ブラシ。歯のエナメル質を傷つけず、歯垢や黄ばみ、ヤニなどをしっかり落とします。


    天然毛(白馬毛)歯ブラシ 『Oluma(オルマ)』1本

    販売価格 :864円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/33M-000112kyc/goods/detail/10105587/
    推薦新聞社:中国新聞社


    【鳥取県】吾左衛門鮓境港サーモン|知る人ぞ知る鳥取県のエリート・サーモン

    (C)PR TIMES

    300年の歴史を持つ米吾の吾左衛門鮓の酢飯と境港サーモンの洋風押し寿司。サーモンの腹身と二十世紀梨の地酒で漬けた砂丘長芋がシャリの間に挟まれています。

    吾左衛門鮓境港サーモン

    販売価格 :2,300円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/34M-000009/goods/detail/10112016/
    推薦新聞社:新日本海新聞社

    【島根県】赤てん|こういうのが食べたかった、ご当地B級グルメ

    (C)PR TIMES

    原料のタラをベースに、ピリッと辛い赤唐辛子、サクサクのパン粉がたまらない、地元のソウルフード。軽く焙って、マヨネーズ醤油や生姜醤油で召し上がれ。


    赤てん 10枚入り

    販売価格 :1,166円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/35M-000071ycx/goods/detail/10047890/
    推薦新聞社:山陰中央新報社


    【愛媛県】杵つき餅カレー|カレーと餅が出会ったら


    (C)PR TIMES

    柔らかい杵つき餅にカレーのコラボ、ありそうでなかった組み合わせ。カレーをお箸で食べるのも新鮮です。メニューを発案したシェフの大好物だそうです。

    【餅×カレー?!】杵つき餅カレー6食詰合せ

    販売価格 :3,980円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/38M-000083yqp/goods/detail/10102981/
    推薦新聞社:愛媛新聞社


    【佐賀県】イカスミサイダー|インパクトありブラックサイダー


    (C)PR TIMES

    「驚きのブラックサイダー」は、いかしゅうまい発祥の店 『呼子萬坊』 の商品。イカスミの生臭さはなく、さっぱりと飲みやすいとか。


    イカスミサイダー・4本(250ml)パック

    販売価格 :864円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/42M-000063phi/goods/detail/10112455/
    推薦新聞社:佐賀新聞社


    【大分県】カボス醤油|鍋の季節に1本買っておきたい

    (C)PR TIMES

    大分の旬のかぼすを手剥きし、醤油とかつおや昆布のだしを加えた日本初の元祖カボス醤油。餃子のタレ、鍋物にぴったり。


    【日本ギフト大賞2017 大分賞】かぼす醤油(1.8リットル)

    販売価格 :1,577円(税込)
    通販サイト:http://www.47club.jp/44M-000006/goods/detail/44M-0000067/
    推薦新聞社:大分合同新聞社


    どれもこれも知らなかった、各地の地元グルメ。全国47都道府県が紹介されていますが、今回ご紹介したのはその中の一部です。気になる県や、いっそ全国一周したいあなたは、下記でチェックしてみてくださいね。

    「こんなのあるんだ!大賞エントリー商品リスト」
    [http://47club-production.s3.amazonaws.com/front/contents/arunda_award/pdf/entrylist.pdf]
    [“全国の地方新聞社が選んだ!『こんなのあるんだ!大賞2017 』”が開催]
    地方新聞社が選んだ、あなたが知らない日本全国地元グルメ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ