簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    カテゴリ:


    独身男性のテンションがあがる!誕生日に食べたい、“彼女の手料理”」3選 | ニコニコニュース



                            

    年に1度の誕生日は、ちょっぴり手の込んだ料理でお祝いしたいもの。

    料理男子に教わる「ここぞという日にハズさない」モテレシピ

    でも、カレに「何食べたい?」と聞いても、「○○が作ってくれるものなら、何でもいいよ」って答えが返ってくるだけ……。

    「もう、一体何を作ったらいいの?」そんな女性のために、今回は20~30代独身男性に「誕生日に食べたい彼女の手料理」を徹底リサーチ! 迷ったときに使えるあのレシピの隠し味も、要チェックですよ。

    ステーキ

    「ごちそうといえば、やっぱり肉! ナイフを入れると肉汁がじゅわ~っと出てくるような分厚いステーキが食べたい」(29歳/建築)

    「いつも食べる肉は安さ重視だから、誕生日はちょっと高級な肉を食べてみたい。手料理ってほどハードルが高くないから、彼女にもリクエストしやすい」(27歳/IT)

    「焼肉やすき焼きもいいけど、特別な日といえばステーキでしょ! 自宅であのレストランみたいな鉄板が出てきたら、感動しちゃうかも」(30歳/公務員)

    男性にとってボリューム満点なお肉は、特別な存在。特にステーキは、カレの胃袋をガッチリ掴むお肉料理の1つです。

    誕生日に何を作ろうかな……と迷ったときは、美味しいお肉と赤ワインでお祝いしてみて!

    今までにない最高の笑顔を見られること間違いなしですよ。

    ケーキ/お菓子

    「甘いモノが好きだから、クッキーとかマフィンとか、手作りお菓子をプレゼントされると本当に嬉しい。そのまま彼女も食べちゃいたいくらいテンションが上がる(笑)」(22歳/学生)

    「誕生日といえば、いちごのショートケーキ。この前、彼女がスポンジから自分で焼いてケーキを準備してくれて、本当に感動しちゃったよ。余った生クリームで遊ぶのも楽しかったしね」(25歳/メーカー)

    「ケーキを食べると、誕生日だなって感じがするよね。いくつになってもホールケーキを目の前にすると、やっぱり嬉しい」(33歳/保険)

    男性たちのテンションを上げる誕生日レシピといえば、やっぱりホールケーキ!

    甘いモノが苦手でも、子どもの頃からいちごのショートケーキだけは食べられる男性は意外と多いようです。

    前日にスポンジを焼いて、二人でクッキングを楽しむのもあり!

    カレの好きなフルーツや生クリームをトッピングして、特別な思い出を作ってみてはいかがですか?

    グルメな男性からのリクエストは?

    ビーフシチュー

    「洋食屋さんで食べるようなお肉がトロッとしたビーフシチューは、自分では絶対に作れない。それを彼女が作ってくれたら、胃袋をギュッと掴まれちゃうだろうね」(27歳/広告)

    「我が家のごちそうといえば、小さい頃からビーフシチューだった。だから、時間をかけてコトコト煮込んだお肉とか野菜を食べると、幸せな気分になる」(30歳/出版)

    「オムライスとかグラタンも好きだけど、ビーフシチューの方が手の込んだ料理って感じがする。彼女にお願いするなら、カリカリに焼いたガーリックフランスと、ビーフシチューに決まり!」(26歳/医療)

    グルメな男性からのリクエストが多かったのが、時間をかけてじっくりコトコト煮込んだビーフシチュー。

    彼らは家庭の味というよりも、美味しい洋食屋さんの味を期待しているようですよ。

    あなたも市販ルーに、隠し味の「ケチャップ」「ウスターソース」「砂糖」を入れて、コクのある洋食屋さんの味を再現してみて!

    おわりに

    いかがでしたか?

    今回ご紹介した3つの料理を参考に、大好きなカレの胃袋をギュッと掴む最高の誕生日会を企画してみてくださいね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    マロンクリームが贅沢な「モンブラン」、ローソンに--ご褒美スイーツにどうぞ | ニコニコニュース



    ローソン モンブラン
                            

    ローソン各店(一部の店舗をのぞく)で、新商品「モンブラン」が1月24日に発売された。価格は295円(税込)。

    この商品は、マロンピューレ入りのマロンケーキを土台に、栗ダイス入りのマロンムースとホイップ、マロンペースト入りのマロンクリーム絞ったモンブラン。マロンピューレとマロンペーストは、フランス・サバトン社のものが使用されている。カロリーは1食あたり359kcal。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    世界三大珍味に合うプレミアムビール飲み比べ | ニコニコニュース



                            

    世界のビール博物館は1月23日から、「世界三大珍味×飲み比べ」ビアセット(世界三大珍味と世界直輸入ビール3種[各180mL]のセット)を期間限定販売する(※注文は2人分より)。期間は2月28日まで。

    このセットは、キャビア、フォアグラ、トリュフそれぞれに合うプレミアムビールを選出し、マリアージュを楽しむ期間限定メニュー。各店舗1日10食限定で、価格は2,680円(税別・サービス料別)だ。

    料理は小麦粉で作ったパンケーキに豊かな磯の香りにしっかりとした塩味の効いたキャビアを乗せた「キャビアブリニ」、濃厚なコクのあるフォアグラを蒸し焼きにして、酸味と甘みを併せ持つフルーツソースを添えた「フォアグラポワレ」、スライスした黒トリュフをチーズを利かせたリゾットにトッピングした、香り高く濃厚な味わいの「トリュフリゾット」の3種類。

    ビールは、ベルギーNo.1の低炭水化物・糖質0のビールで、ホップ由来のマスカットのような清涼感のフルーティなアロマに、桃やシトラスを想わせるドライな飲み口が喉を突き抜ける「カウリエエクストラ」、ローストモルトの香りでホップの爽やかなフレーバーも加わり、ほんのり甘味を感じるライトなブラウンエール「ブルッグスゾットダブル」、「世界のセレブを迎えるためのワインはあるがビールが無い」をコンセプトにスペインの超高級三ツ星レストラン「エルブジ」の天才シェフとソムリエがコラボして造りだした前例の無い究極のセレブビール「イネディット」の3種類。

    対象店舗は東京スカイツリー・ソラマチ店、横浜店、大名古屋ビルヂング店、グランフロント大阪店。


    (出典 news.nicovideo.jp)



    風邪・インフルエンザは“食べて予防”! 管理栄養士が教えるおすすめ食材4つ | ニコニコニュース



                            

    新春といえども、まだまだ春は遠く、インフルエンザや風邪のウイルスが猛威を振るっています。マスクやうがい、手洗いなどの予防はしているけれども、やはり根本はウイルスに勝つ強い体づくり。

    偏食も小食も解消!行儀の悪い「手づかみ食べ」が、実はいいことだらけな理由

    今回は家族の強い体をつくるための、インフルエンザと風邪対策におすすめの食材、そして効率のよい食べ方を管理栄養士の筆者がご紹介いたします。

    1.にんじん

    冬が旬の代表野菜でもあるにんじんは、今が甘くて美味しい食べごろ。しかし、美味しいだけでなく、今だからこそ食べたい理由があります。

    それは“インフルエンザ予防”や“風邪予防”になるから。

    インフルエンザや風邪などの感染症予防で大切なのは、「免疫力を高めること」。

    にんじんにはβ-カロテンが豊富に含まれており、鼻や喉の粘膜を健康に保ちウイルスからの攻撃を守るため、感染症予防に働きかけてくれます。

    さらに鉄分やビタミンも豊富なので、血行促進となり体温を上げやすくするにんじん。体温が高まることで、ウイルスへの抵抗力も強まります。インフルエンザや風邪が流行っているこの時期は、積極的に食べたい野菜の1つです。

    油と一緒に摂取するとβ-カロテンの吸収率もアップするので、野菜炒め天ぷらなどで食べるのがおすすめです。また、加熱してにんじんの細胞壁を壊すことでもβ-カロテンの吸収率がアップするので、野菜ジュースにして飲むのもいいですね。

    2. トマト

    真っ赤な野菜といえばトマトですよね。あの赤い色は“リコピン”というβ-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍もの優れた抗酸化力を持つ成分。活性酸素による体のダメージを防ぎ、感染症予防にも働きかけてくれます。

    生のトマトより加工品の方が2〜3倍もリコピンを吸収しやすく、特にトマトジュースで摂取すると、3.8倍もリコピンの吸収率がUPします。さらにトマトには、免疫力を高めるビタミンCや疲労回復効果のあるクエン酸やグルタミン酸も含まれています。

    「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるように、風邪・インフルエンザの予防としてはもちろんのこと、万一かかってしまっても、早く回復するための栄養分がトマトには詰まっているので、積極的に摂りたい野菜ですね。

    鍋料理の定番、あの食べ物も効果的!

    3.きのこ

    鍋に大活躍で、ヘルシー食材でもあるきのこ。きのこの栄養分といえば“ビタミンD”が代表的ですが、このビタミンDをインフルエンザが流行する時期に摂取していると、インフルエンザにかかりにくくなるということがわかっています。

    さらに、ビタミンDは体内の免疫力を高める働きがあることから、ビタミン抗生物質とも呼ばれています。インフルエンザのみならず、風邪にも期待ができそうですね。

    ビタミンDは日光に当たることでも体内で合成されますが、今の時期は日照時間も少ないため食べ物から意識的に摂りたいもの。

    特に、きくらげや干ししいたけに多くのビタミンDが入っています。β-カロテン同様、油料理で吸収が良くなるので、きのこ炒めや、きのこのマリネなどで食べたりするといいですね。

    4.みかん

    冬の団欒にはつきもののみかん。みかんの黄色い色は、β-クリプトキサンチンといって、日本によく流通している温州みかんには特に多く含まれている成分。体の免疫に関わるタンパク質を多く作って、免疫力を高める働きがあります。

    また、みかんには血管を丈夫にして血行促進に関与しているポリフェノールの1つ、ヘスペリジンも含まれています。さらにウイルスや細菌と戦うビタミンC、粘膜を丈夫にするβ-カロテンも含まれているので、食後のデザートや間食にみかんを1〜2個食べる習慣をつけるといいですね。

    ヘスペリジンは、アレルギーによる炎症を抑える働きもあるので、花粉症の時期にもおすすめです。


    今大流行している風邪やインフルエンザ。マスクやうがい、手洗いなどの予防はもちろん、ウイルスに負けない免疫力の強い体を作ることにも意識を向けてみてください。

    免疫力の強い体は老化予防にもなるので、この時期だけでなく、年中意識的に摂るようにしたいですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    “むくみ対策”には夕食が重要! 食べちゃいけない食品とは? | ニコニコニュース



                            

    寒いからといって運動もせず、引きこもって食べては寝てばかり……という女子もいるのでは? 今回は、太って見える原因でもある“むくみ”の解消法をご紹介します。ちょっと意識を変えるだけで、「太った~?」なんて言われなくなるかも!?

    むくみが太って見える原因なのかも!
    日々の食事を、インスタント食品や手軽な外食などで済ませてしまうと、カロリーオーバー気味な状態が続きますし、塩分を取りすぎてしまっているのが現実だと思います。ですが、過剰に摂取しちゃったカロリーを徹夜でランニングをして燃焼させる……というワケにもいきませんよね。

    増えてしまった脂肪がある人は、焦らず時間をかけてこっそり地道に落としていくのがおすすめ! とりあえず、食べすぎてしまった翌朝、周りの人に太ったように見えなければOKだからです。 

    塩分のとりすぎがむくみにつながる!?
    逆に、実際に脂肪が増えたかどうか関係なく“太ったように見える”原因があります。それは、塩分の取りすぎによる「むくみ」なんです。

    塩分は体内に水分をかかえこむ性質があるから(……)体内の水分代謝に影響し、むくみやすくなってしまうのです。
    松村圭子『たまった「女子疲れ」を今すぐスッキリさせる本』(2010年11月、永岡書店)

    そこでここからは、手軽にできるむくみ対策方法について見ていきましょう!

    対策1. 夜は塩分控えめメニューにチェンジ
    夕飯では、新たに取る“塩分”をなるべく控えるようにします。塩やしょうゆにめんつゆ、味噌やソース、マヨネーズにドレッシングなどの調味料はなるべく使うのを抑え気味に。
    さらに、塩分高めな漬け物やラーメンはもちろんですが、ソーセージなどの加工食品、お惣菜、手軽に食べられるサンドイッチやパンにも想像以上に塩分が多く含まれているので注意が必要なんです。つまり、塩分を控えるには、加工食品を避けて自炊するのが理想です!

    塩分控えめな味付けって?
    そう言われると、調味料ナシで料理しなきゃいけないように思えちゃいますが、塩気のない味付け方法って意外と豊富にあるんですよ!
    お酢やレモン果汁、カレー粉、オリーブオイルやゴマ油、バジルやローズマリーなどのハーブ類を使ったり、ナッツやゴマなどで香ばしい風味をプラスしたりすれば、しょっぱさ抜きでも満足感のある味付けをすることができますよ。

    対策2. カリウムをしっかり摂って塩分を排出しよう
    むくみ対策で意識的に摂るのがおすすめなのが“カリウム”。
    カリウムというミネラルには、体内の余分なナトリウム(つまり塩分)を体外へ排泄する働きがあります
    松村圭子『たまった「女子疲れ」を今すぐスッキリさせる本』(2010年11月、永岡書店)

    むくみのもとになる余計な塩分をカラダの外に出してくれるカリウムが多くふくまれる食物は、ぜひ食べておきたいところ!



    果物であれば「アボカド・バナナ・キウイフルーツ・りんご・すいか・メロン」など。また「レーズン・干し柿・プルーンなどのドライフルーツ」もおすすめです。他にも、「モロヘイヤ・きゅうり・トマト・しそ・ほうれんそう」などの野菜類にもふくまれているので積極的に摂るようにしましょう。

    カットするだけで手軽に食べられる果物なら、すぐにでも取り入れられそう!
    ドライフルーツはサラダやスープに入れて具材として楽しむこともできるし、オフィスでのおやつにもオススメです。仕事初でちょっぴり疲れ気味な1月には、野菜をたっぷり摂るとココロにもゆとりを取り戻せますね。

    対策3. むくみには意外にも水分補給が大切
    むくみって一見、お水をあんまり飲まない方がよさそうなイメージもありますが、じっさいには逆! 水分の補給は十分にするのが大切なんです。ホットか常温の水を、1日1リットル以上摂るようにしましょう。

    日中に十分飲んでいなかった人は、とくに夜寝る前までに水分補給を心がけましょう! 体内の水分が足りない状態では、血液がドロドロになって血流が滞り、余計にむくみを助長させてしまいます。

    しっかり水分をとって、排尿を促すこと。腎臓が正常に働いていれば、余分な水分は尿として排泄されていきます。
    松村圭子『たまった「女子疲れ」を今すぐスッキリさせる本』(2010年11月、永岡書店)

    余計なモノをカラダの外へ出してリフレッシュ♡ むくみが気になって水分補給を控えていた人は、適切に飲むように意識してみましょう。

    対策4. リラックス入浴で汗をかこう♪
    ゆっくりお風呂につかって汗をかいて、しっかりリフレッシュするのもおすすめです。ラベンダーやローズマリーなどリラックスできる香りの入浴剤を使えば、ココロもカラダも安らぎますよね。お風呂スピーカーを持ってない人も、隣の部屋にセッティングしてお気に入りの音楽やラジオを流せば、のんびりバスタイムの雰囲気アップに効果的ですよ♪

    お正月太り感を学校や職場で悟られにくくする、むくみ対策をみてきました。できることから日常生活に取り入れて、ハッピーな日々を送りましょう!       


    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ